スキャルで勝つコツ

フィボナッチファンをエントリーの判断として使う方法

更新日:

フィボナッチファンについて色々書いてるわけですが
ありがたいことに好評をいただいています。

「フィボナッチファンについてもっと教えてください」
「先日のフィボナッチファンとドラゴン・ストラテジーFXの記事参考にさせてもらいましたが早速プラスです!ありがとうございました」
「フィボナッチファンは良く分からんのでもっと記事を書いてください」

などメッセージを頂いております。

ありがたいことです。

好評につき、今回はフィボナッチファンを使った
エントリー方法について書いてみますね。

実際 に ワタクシ が 実践してる方法 でございます。

その前に・・・管理人からのお願いです。

不正なしでブログランキングに参加してます!

応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!

フィボナッチファンはトレンドラインを引くのが苦手な人でも
高値と安値を結ぶだけで

機能する可能性が高いライン

を引けるのが特徴です。

こちらをご覧ください
ポンド円
チャートはここのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル

これは、ポンド円の上昇の値動きにフィボナッチファンを引いたモノです。

結果的に、61.8%を下抜けたのでエントリーが可能となり
下落トレンドに乗れた形となります。

38.2 50 61.8 のラインがありますが
エントリーの判断として使う場合、

ロング狙いでもショート狙いでも61.8%を抜けた時

がエントリーの判断基準になります。

ぽんどえん2
チャートはここのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル

上のチャートもポンド円です。

○の箇所でエントリーが可能となっています。

スポンサーリンク

ドラゴン・ストラテジーFXのシグナルも合わせて出現してるので、鉄板ですね。

損切りは、38.2にタッチしたら という設定にしておくと
大ケガはし難いと思われます。

具体的にはこんな感じです。
ドル円
チャートはここのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル

こちらはドル円の5分足ですが
戻りになるであろう箇所でフィボナッチファンを引きました。

ちなみに、このチャートではフィボナッチファンを
2回引き直しています。

直近の安値だと思われたところで一度引いたのですが
それをさらに抜けた値動きがあったので、
その二回目の安値と高値を結んだからです。

逆にいうと、高値や安値を更新した場合は
フィボナッチファンを引き直すことが必要だという事ですね。

話を戻しますと、
このチャートで引いたフィボナッチファンでは61.8%のラインを
上に抜けたので抜けたところでエントリーが可能。

くしくも、ドラゴン・ストラテジーFXのシグナルの発生個所と似ています。

ダブルでシグナル発生という事なので、鉄板ですね^^

で、決済については直近安値付近or直近高値付近に達したところでとりあえず決済。

ここでは分割決済も良いかと思います。

例えば、10ロットでエントリーしていて
直近安値付近に来たら5ロットを決済しておき
残りの5ロットはポジションを維持してみる。

という感じも良いと思います。

やることはシンプルですよね^^

私のメインの手法は2本のEMAを利用して方向性を導き出し
ADXを利用して相場の勢いを判断し
戻り・押しになるであろう所にラインを引いて
ブレイクしたらエントリーするという、とても基本に忠実な手法です。

この手法にもフィボナッチファンは相性が良いので
とても重宝しています。

今度、機会があれば長い時間足を利用した
長期的な分析方法なんかも書いてみたいなと思います。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-スキャルで勝つコツ

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.