FXテクニカルチャート

FXのチャートパターンの一つである【ウェッジ】とは?

更新日:

FXに限らずチャートをずっと見ていると
パターンがあるように思えますよね?

それが、所謂チャートパタンなわけです。

その最たるものが、ヘッドアンドショルダーとかですね。

で、今回はスキャルピングで有効だと思うチャートパターンの
ウェッジについて書いてみます。

その前に・・・管理人からのお願いです。

不正なしでブログランキングに参加してます!

応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!

FXのチャートパターンというと、
ヘッドアンドショルダーが有名ですが、
そのほかにもたくさんあります。

その中でも、私も好んでるパターンがありまして、
それがウェッジです。

ウェッジというと、色々な定義があるようですが
すごく簡単にいえば・・・

先細りになってる2つのラインが形成された箇所

だと思えばよいと思います。

で、ウェッジを利用したトレードとしては

2本のラインを引いて、
直近のトレンドとは逆方向のラインを抜けた箇所

がエントリーができる箇所だと思います。

上昇局面からのショートはこんな感じ
ショート

スポンサーリンク

下落局面からのロングはこんな感じ
ロング

実際のチャートで見てみるとこんな感じ
2
チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定キャッシュバック有)

1
チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定キャッシュバック有)

このようにきれいに決まるケースは多くはないですが、
いずれも、トレンドの終わりに発生するケースが多いですね。

このパターンを使うと、逆張りがしやすくなるかなと。

逆張りってのは、
基本的に直近のトレンドとは反対の方向でのエントリー
だと考えてよいので、ウェッジのパターンは
大きな定義で言うと逆張りになるのだと思います。

まぁ、ブレイクアウトの一種でもあるので
順張りと言えば順張りですが・・・

いずれにしても、このパターンは割と発生しやすいので
覚えておいて損はないのかなと。

で、チャートパターンなんですけど、
チャートパターンのルールをガチガチにして考えちゃうと
せっかく見つけてもトレードできなくなっちゃいます。

私は過去にチャートパターンにハマった時がありまして
その時は、ガチガチに考えてました。

そうすると、どうしてもトレードのチャンスも減ります。

ですので、
こういったパターンもあるんだなと言った感じで考えて
似たようなパターンが出たら、
ロット数を少なくしてエントリーしてみるのもアリだと思います。

今回のウェッジで言えば、先細りになってることが
一つの条件でもあるんですが
先細りになってなくても似たような感じであれば
良しとしてトレードしてみるってのもありかと。

チャートパターンは覚えておいて損はないと思うので
一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXテクニカルチャート

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.