ボリンジャーバンド

ボリバンのパラメーターを長くしてみると

更新日:

ボリンジャーバンドは使ってる方も多いかと思います。

MACD・ストキャス・RSI・一目均衡表・移動平均線

といった定番のテクニカルのなかでもかなり人気がありますし、
最も実用性があるのがボリバンかもしれません。

そんなボリバンですが、パラメーターの設定次第で
色々な見方ができますね。

今日は、ボリバンのパラメーターを長く設定したものを
紹介してみたいと思います。


その前に・・・管理人からのお願いです。

不正なしでブログランキングに参加してます!

応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


私的には、ボリバンで最もオススメしたいのが

エクスパンションとスクイーズ

です。

スクイーズ(バンドの幅が狭い状態)から、エクスパンション(上下のバンドが広がる状態)になるのが、エントリー箇所としてもっともわかりやすいからです。

参考※

こういった使い方をしますと、ある程度パラメーターの設定を短くしたほうが使いやすかったりします。

例えば、1分足でパラメーターを15にするとか、

スポンサーリンク

5分足でパラメーターを20にするとか

15分足でパラメーターを10にするとか。

こうすることで、エクスパンションがわかりやすくなります。

ただしこれは、小さなエクスパンションも見落とさないようにする設定だったりするんですね。

ここで、あえてパラメーターを長くしてみます。

例えば、15分足でパラメーターを100にしてみますとこんな感じ。
ボリバン1
チャートはここのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(特別キャッシュバックあり)

こうやってみてみると、現在の状態がなんとなくわかるような気がしませんか?

エクスパンションは短いパラメーターよりは発生する回数が少なくなると思います。

でも、長いパラメーターにすると、現状がわかりやすくなるかな~とも思います。

こんな感じで、ボリバンのパラメーターを長くするという選択肢もあるということです。

ちなみに、ボリバンのパラメーターを長くして、逆張りを狙うスキャル手法もアリだと思っていて、ちょっと研究してます。

そのあたりは、後日記事にしようと思っています。

とにもかくにも、ボリバンのパラメーターを長くしてみると、いつもとは違ったモノがみえてくるかもしれません。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-ボリンジャーバンド
-

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.