ボリンジャーバンド

ボリバンで天井を見極めるには?

金曜日にかなり動いたので、
今日はかな~り小動きでレンジですね。

NYタイムから参戦していますが
今のところノートレード。

自作EAの検証をしながらチャートを眺めてチャンスをうかがってます。

さて今日はボリバンで天井や底を見極める方法についてです。

その前に・・・管理人からのお願いです。

不正なしでブログランキングに参加してます!

応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!

ボリバンは使い方がシンプルで使いやすいテクニカルですね。

多くの方が使ってるかと思います。

バイナリーオプションで使ってる方もいれば
デイトレやスイングで使ってる方もいます。

とにかく、愛用されてる方が多いのです。

その理由の一つとして
エントリーの箇所を模索するテクニカルとして使われてる他に
チャート分析もできるという点があります。

ボリバンの特徴を利用すると、

・天井になったかな?
・底になったかな?

がなんとなく見えてきます。

これを私は、3・2・1の法則と呼んでます。

スポンサーリンク

それがこれ

boriban
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

考え方としては、

3σにタッチ

2σ内に入る

2σにタッチ

1σ内に入る

こうなった場合、短期的ではあるものの
天井や底になった可能性が高い
と私は判断しています。

なので、
3σにタッチしたら、次は、2σまでをターゲットにし
その後、1σに入ったら様子見するか
薄利のスキャルをするか?
という風に決めてます。

ちなみに、これが発生したのちに
ボリバンがスクイーズしたら
一度、この法則は一度解除します。

で、この特徴を見つけた時、かなり興奮しました。

「これはすごいことを発見してしまった」

と思ったのですが、
ボリンジャーバンドを開発した
ジョン・ボリンジャー著のボリンジャーバンド入門に
きちんと書かれてました。。。

>>> ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が取り明かすマーケットの仕組み (ウィザード・ブックシリーズ)

3・2・1の法則とは書いてありませんが
パターン分析として書かれています。

このようにボリンジャーバンドは
エントリーの箇所を模索するテクニカル以外に
こういった使い方もできます。

是非、利用してみてくださいね。
いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-ボリンジャーバンド
-

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.