FXテクニカルチャート

RCIのシグナルは三重天井&三重底をチェックすべき

更新日:

RCIはオシレーター系のテクニカルの中でも人気が高く使っている方も多いですね。

RCIのみでトレードされてる方と一度話したことがありますが「最終的にオシレーターはRCIが一番良い」という意見を聞きました。

今回は、RCIのシグナルの見方について書いてみます

RCIとは?

RCIって何って方のために、RCIはこんな感じで表示されます

※チャートはGMOクリック証券【FXネオ】のプラチナチャート

RCIは通常3本で表示されまして、過去にも書いたようにパラメーターは9 26 52 が一般的。

そうです、一目均衡表のパラメーターです

アイネットFX(一目均衡表の研究プレゼント用ページ)

これをRCIでも使います。

 

RCIの三重天井と三重底

でね、RCIは色々な見方・使い方があるんですが一番強力なのは3つのRCIがともに揃っている時です。

例えば、

・80以上で全てのRCIが位置していればロングサイン
・-80以下で全てつのRCIが位置していればショートサイン

スポンサーリンク

そしてこれらは、三重天井・三重底 と呼ばれております。

この状態を見つける事がとても重要でして、RCIを使ったシグナルでトレードをして勝率を上げるのであれば、三重天井と三重底を見つけるのは必須条件とも言えます。

逆に言うと、三重天井と三重底を見つけた場合、強力なシグナルが発生していると考えられるので有無を言わずにエントリーしたほうが良いともいえます。

RCIは他にも長期線と中期線が80以上で短期戦が-80付近にある場合は押し目として認識できるので、ロングでエントリーをするという方法もあります。

が、三重底と三重天井のほうが強いシグナルとなります。

しかし・・・三重天井と三重底ははあまり発生しません。

RCIで頻繁に発生するシグナル

RCIで三重天井と三重底を狙う場合、かなり時間がかかりますし、場合によっては一日に一度も発生しないということもあります。

ではRCIを使ってスキャルをする場合、他のトレードシグナルはないのか?

スキャル的に考えると、【0より上か下か】で考えてみるのも一つの方法。

RCIが0よりも上で三つが位置していればロング
RCIが0よりも下で三つが位置していればショート

といった感じでエントリーサインやフィルタリングの要素にしてもよいかと思います。

いずれにしても、RCIは使えるオシレーターなのでオススメです

ちなみに、AIを搭載したブラストFXはRCIの要素が入ったシグナルとなります。

気になる方は手にしてみてください。数千万円の利益を出した事例もあるので。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXテクニカルチャート
-

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.