MACD

MACDの状態をローソク足に表示するインジケーター

更新日:

MACDは方向性を見るには優れているテクニカルだと思います。

前回も書きましたが、MACDを使って方向を決めているシグナルやシステムトレードがあるのは事実です。

そこで、MACDの方向や状態がローソク足として見てみるのもオススメです。

そんなインジケーターを紹介します。

MACDの状態をローソク足に表示するインジケーターはMACD CANDLESです。

表示させるとこんな感じ

※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル

上記のパラメーターは前回の記事でも書いたように 8 17 9 です。

このインジケーターの説明をしますと

グリーンはMACDがゴールデンクロスしてる状態(50レベル以下)
ライムグリーンはMACDがゴールデンクロスしてる状態(50レベル以上)

スポンサーリンク

ボルドーはMACDがデッドクロスしてる状態(50レベル以上)
レッドはMACDがデッドクロスしてる状態(50レベル以下)

となってます。

MACDに忠実に使うのであれば

ライムグリーンでロングシグナル
レッドでショートシグナル

となります。

もちろんそれだけでは勝てないとは思いますが1分足や秒足でタイミングを取る時にフィルタリングとして使えるかと思います。

※参考 FXチャート【5秒足】でタイミングを取る

こんな感じでMACDの状態をローソク足に表示できるインジがあるのでMACDを使ている方は使ってみてはいかがでしょうか?

MT4搭載業者でオススメなのは

FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-MACD
-

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.