経済指標

指標トレードの考え方

更新日:

今日のユーロドルは21:30から発表された
指標「米新規失業保険申請件数」でかなり動きましたね。

ここのところの指標のなかでは動いたほうじゃないでしょうか?

1.240まで上昇して、1.220まで下落。

トータルで取れていれば、200pips

久しぶりにインパクトのある値動きでした。

ちなみに、私はココ⇒OANDA(5秒足もあり)
でトレードしましたが、きちんと約定してます。

なかなか良い( ̄ー ̄)ニヤリッ

指標の値動きはこうでなくちゃ 
っていう不謹慎な発言をしつつ
指標トレードの考え方を私なりに書いておこうと思います


その前に・・・管理人からのお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックし、
応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^ (全て別窓で開きます)
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


さて、指標トレードについて。

指標トレードっていうのは大きく分けて3つ。

・指標の結果を予測してエントリーしておく
・指標発表直後の値動きに飛び乗る
・指標発表後の値動きを見てからエントリーする

一番リスクが高いのは

・指標の結果を予測してエントリーしておく

その次にリスクが高いのは

・指標発表直後の値動きに飛び乗る

スポンサーリンク

一番リスクが低いのが

・指標発表後の値動きを見てからエントリーする

なんですが、そもそも指標トレードはリスク高いので
注意が必要です。

指標トレードの中で一番リスクが低いと思われる

・指標発表後の値動きを見てからエントリーする

でさえも、普段のトレードと比べるとリスクが高くなります。

そもそも、
普段のトレードがテクニカル重視だった場合、
指標トレードは
いわばファンダメンタル重視のトレードになるので
普段とは違うトレードとなりますよね?

それだけでも、リスクは高くなるものです。

なので、指標トレードをする場合、
できれば

・指標発表後の値動きを見てからエントリーする

にして、尚且つ、指標発表後に
自分の手法とマッチしたときにエントリーをする
というルール作りをしていくことが重要だと思います。

もちろん、
普段よりも高いリスクを負ってもかまわない
という考えがあるのであれば
飛び乗るのも一つの方法ですけどね。

その場合、必ずストップを入れるのが必須です。

そんな私は本日の指標発表後の値動きを利用して
49pipsのプラスでした。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-経済指標

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.