期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

ADX・DMIでスキャルする箇所

ADX・DMIは私が主に使っているテクニカルです。

オプションでも使いますし、スキャルでも使います。

ADXの使い方ですが
基本的な使い方を覚えておくと
色々役に立つのでもう一度おさらいの意味も込めて
書いておきますね。


その前に・・・管理人からのお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックし、
応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^ (全て別窓で開きます)
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


ADX・DMIの使い方の前に、
ADX/DMIの種類について書いておきます。

前にも書いたのですが、ADX/DMIには2種類あります。

単純平均を使ったものと、修正平均を使ったものです。

イメージとしては、
SMAを使ったものと、EMAを使ったものと考えれば
わかりやすいかと思います。

で、私はどちらを使っているかというと
前にも書いたように、開発者のワイルダー氏が使っている
修正平均を使ったものを使っています。

ADX/DMI

上記はFXブロードネットのチャートです。

ADX/DMIが二種類使えるのはココだけだと思います。

で、使い方なんですが、
ADXが上昇する前兆という記事でも書いたのですが
ポイントはDIにあります。

±DIをよ~く見ていると
ADXが上昇するタイミングもわかるようになります。

スポンサーリンク

それは前の記事で書いたので
もう一つのポイントを書いておきます。

DIのどちらがADXの上にあるか?をまずはみます。

ADXの上にDIがあるということは、その後その方向に
動く可能性が高くなるということになります。

ここまでは過去にも書いてきました。

今回は両方がADXの上にある場合について。

この場合、小動きである可能性があるので
あまりトレードには向かない局面と言ってもいいと思います。

しかし、この局面をよ~くみていると
方向性がでたかな?っていう箇所がわかります。

それがこちら

ADX/DMI2
チャート⇒FXブロードネット

±DIがADXの上にありますね?

その後、+DIがADXの下に入ってきてADXが上昇しました。

丸で記したところです。

ここがエントリーのポイントです。


エントリーといっても、
トレードスタイルにもよると思うんですが
1分足で表示していて、スキャルを主にしてる場合
このパターンが出たら
2~5pipsくらいを目安に取りに行けるスキャルが
できる可能性が高いと私は考えています。

ただし、先ほども書いたように
2~5pips程度を目安にしたスキャルが適してるので
あまり多くを望んではいけません。

とにかくすぐに利食いをする。

そうすればチャンスは広がりますね。

もちろん、その日・その時間帯のボラに影響するので
1pipsの利益かもしれないし
ボラがあればこのパターンで10pipsくらいいけるかもしれません。

つまり、ボラが影響するのですが
それでも、一つのチャンスとして見て取ることも可能だと
私は考えてエントリーをしています。

薄利なので、もちろん損切も早めにしたほうがいいと思います。

こうやってみるとチャンスが広がってきますね。

スキャルはそういうことができるので
私は大好きです^^

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m

現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

【当ブログ限定タイアップ企画】


FXブロードネット限定ページはこちら
アイネットFX
詳細はこちら⇒アイネットFX
※上記リンクからの口座開設で、
私が書フィルタリングについて書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!
※詳細はこちらを参照⇒FXTSと当ブログだけの限定企画!
※こちらのリンクからの口座開設で、
一目均衡表のバイブルである
【一目均衡表の研究】をプレゼント!
詳しくは⇒アイネットFX

みんなのFX


詳細はこちら⇒LION FX

為替ライフ×かずえモン・限定ページはこちら
※上記リンクからの口座開設で、
トレーダー集団タートルズの書籍
【タートル流 投資の魔術】をプレゼント
詳しくは⇒LION FXとタイアップ開始
LION FXの小林芳彦氏とトレード対決
※上記リンクからの口座開設で、
私が書いたレポート【かずえモン的MACDの活用方法】をプレゼント!
詳しくは⇒為替ライフとタイアップ


スポンサーリンク

2 Responses to “ADX・DMIでスキャルする箇所”

  1. レッド より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    かずえもんさん今晩は
    私は2pipって逆に小幅すぎて難しく感じてしまうのですが それって逆に動いた時に何pip位で損切りしてるのですか?
    応援してますボチ

  2. かずエモン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    レッド様

    コメントありがとうございます^^

    2~5pipsくらいを狙いにくスキャルの場合の損切ですが
    正直なところケースバイケースになってます。

    10pips逆方向に動いても損切せずに耐えるときもありますし
    5pips逆方向に動いたら損切してしまうこともあります。

    そのあたりについては後日記事にしてみます^^

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


カテゴリー

このページの先頭へ