期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

平均足よりもわかりやすいDMIの活用方法

前々回の記事で、ADX/DMIの活用方法についてちょこっと触れました。

参考⇒ADX・DMIの丸秘活用方法

今回はその続き。

あくまでも私なりの使い方なので、参考程度にしてくださいね^^

DMIを平均足のように使う

まず、なんでこういった使い方をするのかっていう部分についてです。

平均足は方向性がわかりやすいというのが一番のメリットですね。

しかし、ローソク足と比べると反応が遅く、スキャルの場合、状況によってはエントリーが遅くなってしまうことも無いわけではありません。

がしかし、平均足が示す方向性のわかりやすさといったら、右に出るテクニカルはありません。

で、その二つ、つまり、ローソク足と平均足の両方の良さを兼ね備えた足はできないものか?

と考えた結果、DMIを活用する方法に至ったわけです。

まずはこちらを見てください

 

※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

上に表示してあるチャートはADX・CANDLESというインジケーターを使って、DMIが示す方向性を色分けしたものでして、下段のチャートは平均足となります。

スポンサーリンク

ご存知のように、平均足は 陰線⇒陽線 陽線⇒陰線 といった感じで変化します。

しかし、ADX・CANDLESを使って、DMIを活用した場合、陰線⇒ 方向性なし ⇒ 陽線 陽線⇒ 方向性なし ⇒陰線 といった感じで変化します。

お気づきの方もいるかと思いますが、この 【陰線⇒ 方向性なし ⇒ 陽線】がポイントになるんです。

陰線から陽線に変化する間の足、これがエントリーを模索するポイントになると考えられます。

ローソク足や平均足でいうところの、十字線などにあてはまるのかもしれません。

例えばこんな感じで見てみましょう

※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

例えば、20EMAを一つの基準として考えた場合、この陰線と陽線の間の方向性が欠ける足が出た時が、押し目だったり、戻りだったり、又は、それを使って利食いに使えると思えませんか?

つまり、陰線と陽線の間を表示してるということです。

もちろんこれだけでエントリーをして勝ち続けられるほど甘くはありません。

しかし、エントリーの参考になる と思えます。

私の新しい手法でこれを使ってます^^

 

スポンサーリンク

2 Responses to “平均足よりもわかりやすいDMIの活用方法”

  1. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ADX・CANDLESは拾ってきましたが、どのように設定をすれば陰線から陽線に変化する間の足が表示できますか?
    教えて下さい。

  2. かずエモン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます

    後日、記事にて説明させていただきますので
    少々お待ちください

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ