期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

Black・AI・ストラテジーFX(ブラストFX)をレビュー!買いなのか?

やっとBlack・AI・ストラテジーFX(ブラストFX)のレビューを書ける日がやってまいりました。

ブラストFXの公式サイトはこちら
※16日で販売停止だそうです

ブラストFXを手にしてからすぐにレビューをしたかったのですが、ブラストFXのシグナルを見た時に「これはある程度使ってからでないとレビューはできないな」と感じたので、レビューまでの期間をあけました。

こうやって聞くと、「かずえモン的には、ブラストFXってイマイチなのかな?」って思いますよね?

いえいえ、とんでもないです。

結論から言うと、買いです(理由はこれから書きます)。

ブラストFXのレビューが遅れた理由

まず説明しておきたいのが、なぜすぐにレビューをしなかったのか?という理由についてです。

私はこれまで様々なシグナルやトレード手法やシステムを見てきましたし、使ってきました。

シグナルや手法やシステムは2つにわけられると思っています。

「手にしてからすぐに判断ができるタイプ」

「ある程度の期間使ってからでないと判断しにくいタイプ」
の2つです。

どちらが良くて、どちらが悪いとかじゃなくて、単純に二種類あるってことです。

で、ブラストFXは後者のある程度使ってから判断したほうが良いほうのタイプだったというわけ。ですので、レビューまで時間がかかりました。

ということで、ココからが本題となります。(前置きが長い・・・)

スポンサーリンク

ブラストFXは買い?

先程も話したように、結論から言うとブラストFXは 買い です。

一言で言えば、ほとんどの相場の状況でトレードが可能なシグナルで万能型のシグナルで、トータルで勝っていくタイプですね。

負けは小さく、勝ちも小さく、でも、ドカンと勝って利益を重ねていくという感じです。

例えば、5pipsのマイナス・12pipsのマイナス・13pipsのプラス・51pispのプラス・7pipsのマイナスで、トータル40pipsのプラスとなるといったイメージです。

実際にそういった日が何度かありまして、「今日何回か負けたけど、あれ?プラスだ」って感じになりました。

そういったシグナルです、ブラストFXは。

これは、現在も人気があり作者が同じのドラゴン・ストラテジーFXも似ていますね。

ただ、ドラストFXよりも負けが小さいのと、トレード回数が多いのも特徴です。

シグナルのレビュー

肝心のシグナルですが、ポイントになるのはAI-Analyzeというインジケーターの黄色のラインです。

これが天井圏なのか?底値圏なのか?、つまり、赤色のゾーンなのか青色のゾーンなのか?をチェックすることがまずは必須です。

その上で、矢印を選択する形になります。

これは当ブログの読者様であれば慣れていることですよね^^

○○が○○のときに、○○が○○になったらエントリーという形なので。

オシレーター系でいうと、RCIが代表的でしょうか。

長期RCIがプラス80以上のときに短期RCIが上向きになったらエントリー、といった感じです。

※先程RCIと書きましたが、AI-AnalyzeはRCIをベースにしてるのではないかなと想像しています

シグナルが表示されるのはどんな時?

さて、ブラストFXはどんなシグナルで、どんな場面でシグナルが表示されるのでしょうか?

こちらがこの記事を書いてる時のシグナルです。

ブラストFXのシグナルを見て気づくと思いますが、やろうと思えば”ドテンを繰り返す事”が可能なシグナルです。

例えば、あなたがチャートを開いてからしばらくしたら上向きのシグナルが出たとします。

そしたらロングでエントリーを行い、下向きのシグナルが出たら決済をして、そのままショートのエントリーを行います。

これの繰り返しをすることが可能です。

ただし、上向きの矢印と下向きの矢印が必ずしも対になっているわけではありません。

上向きの矢印が2つ続けて出ることもあります。

そのあたりは注意が必要ですので、本来のマニュアル通りにトレードしたほうが良いでしょう。

※もちろん、ドテン売買によるトレードを行わなくてもOKです。これはあくまでもそういった使い方も可能ではないかという意見で、本来の使い方とはちょっと違いますので。

ブラストFXの自動決済について

ブラストFXの機能面ですが、自動決済の機能が付いています。

トレンド レンジの2つがついているのですが、これは初めのうちは使わなくてもいいのではないかなと感じました。

使い分けるのがちょっとむずかしいかと思います。

結論

ブラストFXを使ってみて思った感想などを簡単に書いてみました。

冒頭でも書きましたように、ブラストFXは小さく負けて大きく勝つといったシグナルだと思います。

アナタはこれから購入すると思いますが、買って使い始めたら最低でも2週間は使ってみてください。

きっと、「このシグナルすげぇ!勝ってる勝ってる!」ってテンションが上がる感じはしないと思います。

むしろ、「これでいいのかなぁ~」といった感じでしょう。

しかし、ある程度の期間が経過して講座を見てみると、「あれ?増えてる。なんで?もしかしてブラストFXってすごいんじゃない?」ってなると思います。

ブラストFXは万能型のシグナルになると思いますので、初心者さんから中級者さんまで、購入して損はないと思いますよ。

私は気に入りました^^

※16日で販売終了だそうです※

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


カテゴリー

このページの先頭へ