期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

2本の移動平均線でトレードするときのパラメーター設定

移動平均線を使ったトレードをする場合、その殆どが複数本の移動平均線を使ってトレードをします。

その多くが2〜3本だと思います。

ただ、エントリーの判断基準として、エントリーのタイミングとして利用するのは2本の移動平均線ではないでしょうか?

今回はその2本の移動平均線のパラメーター設定やコツです。

動画で説明

こちらをご覧ください
YouTubeの動画で今回の内容を解説してみました。

まず動画をまとめますと

・移動平均線を使っているので平均値を見ていることを認識する
・2本使うということは、2つの平均値を見ていることになる
・その2つの平均値は、自分が納得できる数値でなければならない
・まずメインの数値の移動平均線を決める
・それに対して小さな数値の移動平均線を設定する
・両方とも納得できる数値である必要がある
・クロスをタイミングとする

というような感じです。

2本の移動平均線を使うということ

動画内でも話しているのですが、2本の移動平均線を使うということは、2つの平均値を使うということになります。

2本の移動平均線を使う場合、そのほとんどでクロスがエントリのタイミングになりますが、このクロスは2つの平均値の位置関係が変わる箇所になります。

スポンサーリンク

例えば、1時間足で24SMAと12SMAを表示していて、ゴールデンクロスでエントリーをすると決めた場合は、過去12時間の平均値が過去24時間の平均値よりも上回ったということ。

2つの平均値がともに数値を上げているということは、レートが上昇しているということなので、買いでエントリーをすることができる。

という流れになるのです。

2つの移動平均線を単なる線として見てクロスを単なるクロスとしてみるのではなく、2つの平均値として捉えると、エントリーの根拠が生まれます。

移動平均線のクロスによるエントリーやトレード手法は、とても簡単にみえます。

しかし、このように意味をもたらすことができると、単なる移動平均線とそのクロスとだけではなく、深い意味があると思いながら見れると思います。

移動平均線は深い

移動平均線は深いです。

平均値という概念がチャートにおいてはとても重要なコトになると私は信じていて、私自身の手法「2PRICE-FX」も取り入れています。

平均値という概念を念頭に入れてから各テクニカルを見ていくと、コレまでとは違った形で見えるのではないかと思っています。

移動平均線は深い。

そんな内容でした。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ