移動平均線

トレードの軸となる移動平均線

更新日:

【一目均衡表の研究プレゼント】→アイネットFX

私は、移動平均線が好きです。

やっぱり判断の基準になるしね。

それに、何がいいって
構造がシンプルじゃないですか、移動平均線って。

SMA・EMA、など色々ありますが
基本的には、指定した本数の平均値ですよね。

計算がシンプルだから
移動平均線はトレードの参考にしやすいんですよね。

一般的には複数本用意してチャートに表示すると思うんです。

私の1分足スキャルなら、20SMAとか。

20EMAと10EMAのクロスの手法だと、その両方ですよね。

でね、上記の移動平均線って短期ですよね。

ただ、個人的にもっと大切にしてるのがあって
それがそのチャートに表示する中期の線。

私なら、70EMAとかですね。

その中期の移動平均線を重要視しています。

現在の状況がどちらの状況に位置しているのか?を
判断するのにすご~く重要ですよね。

その移動平均線を軸にして、全てを考えると
その時の状況って結構簡単にわかるわけです。

上なのか下なのかレンジなのか?が。

でね、その中期線を見つける方法として、
直近の値動きに対して当てはめてみるとよいです。

スポンサーリンク

直近のレジスタンスになったラインや
反転のときにサポ・レジになった箇所を
移動平均線で当てはまるんです。

例えばユーロ円の1分足
ユーロ円
チャート→ アイネットFX

50SMAと70EMAを表示してみました

こちらはユーロドルの1分足
ユーロドル
アイネットFX

40SMAと70EMAを表示してみました

上記の二つの移動平均線は
2つの通貨ペアともに、パラメーターは違います。

こんな感じで、直近の値動きに対して
機能している移動平均線の種類とパラメーターを
その日その日で少し調整したり、
通貨ペアごとに設定してみたりして、
軸となる移動平均線を見つける作業が結構楽しいし
トレードの参考になります。

移動平均線はシンプルな構造だけに奥が深い

尚且つ、非常に機能的なテクニカルです。

色々パラメーターをいじって
自分なりの設定を考えてみてはいかがでしょうか?

通貨ペアごとに違ってもOK^^
毎日パラメーターをいじってもOK^^


自分が使えるなと思えば、それでよし!

そんな感じで自由にやってみても面白いですよ

記事作成のモチベーションになりますので
応援クリックお願いします!

FX スキャルピング派ランキング
クリックしてくれないと泣きます(笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-移動平均線
-

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.