期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

GMOクリック証券に行ってきました

実は先日・・・クリック証券の本社に行ってきました!

そうです。
クリック証券の社長さんとかずエモンの対談でございます。

もちろん対談といっても、
我々個人トレーダーが気になる点を根掘り葉掘り聞いてまいりました!

普段、我々が聞くことができないFX業者の本音
今後の展開について聞いてきたのでシェアさせていただきますね。

色々と話を聞くことができまして、
一つの記事にはまとまりませんので複数回にわたってお送りします。

FX業者の社長さんからの話はなかなか聞くことはできないので、
じっくり読んでみてください。

ここからは質問事項とその答えというカタチですすめていきます。

ちなみに対談風景はこんな感じです
クリック証券 対談

手前の後ろ姿がかずエモンで、
奥に写ってる正面を向いてる方がクリック証券の社長さんです^^

では、スタート!

・レバレッジ規制についてどのようにお考えですか?

レバレッジ規制については、
今後長期的に見てFXそれ自体が良い方向に進む良いキッカケとなると考えています。

海外においてはレバレッジの規制は元々あったのに対して、
日本にはありませんでした。

海外は20倍、多くて100倍程度。20倍が多いですね。

日本においては、
まずは50倍にし段階的にレバレッジを減らしていきます。

スポンサーリンク

長期的に見れば、レバレッジ規制というルール作りは
トレーダーにとっても業者にとっても良い傾向だと考えています

FXにレバレッジへのルールができるのは長期的に見れば
投資家を守るという点においても良い傾向ではないかと。

・レバレッジ規制が始まると
FXへの個人トレーダーが減るのでしょうか?

短期的に見れば減ると思います。

しかし、長期的に見ればやはりFXに参入してくる個人投資家は
増えてくるでしょう。

FXへのルール作りが整い大手なども参入してくれば、
FXへのイメージが良くなります

すると、レバレッジ規制はさほど関係なく、
長期的に見ればFXに参入してくる個人投資家は
増えてくると考えています。

又、大手が参入してくるとなると、
既存のFX専門の業者は今後厳しくなるかもしれませんね。

・金融庁によるとレバレッジ規制で投資家を守ると言ってますが
 投資家を守るという点についてはどうお考えですか?

投資家を守るという点で考えれば、
レバレッジ規制は当てはまるかと思います。

当社としては、それに加えて取引システムの使いやすさ
そして、ロスカットの巡回速度を早めることで投資家を守ると考えています

・はっちゅう君の注文機能で
注文と同時に損切り注文を入れられるのはそういった面もあったのですね。

はっちゅう君をはじめ、
取引システムの使いやすさは今後も追及していきます

おそらく日中仕事をされてる方は携帯でチェックやトレードを行うかと。

投資家を守るという点において、
使いやすさ等を追求していくと重要だと考えてるのが携帯トレードです。

やはりFXの利点は24時間トレードできる点ですね。

その利点を生かすのであれば携帯トレードのアプリ等の向上は必須です。

その携帯トレードのソフト・アプリは今後もさらなる強化と改善を
すべきだと考えていまして、
今後予定していることとして、携帯トレードは今後さらに強化していきます

子会社でもあるフォレックストレードの携帯アプリは好評で
iphoneでもダウンロードNO1を獲得してますが、
私としてはまだまだ改善すべきだと考えてまして
携帯トレードのさらなる使いやすさ、システムの改善、
などを追求し提供していく予定です。

(こっそり教えてくれた情報では、
2月に新しい携帯トレードアプリ・ソフトを導入予定だそうです)

・スプレッド競争が激化している今、
スプレッドはどこまで下がるのでしょうか?
又、スプレッド競争は今度どうなるでしょうか?

スプレッド競争が始まったきっかけを作ったのは当社です。

スプレッド競争は当社が牽引しており、
それに他社がついてきてるという状況かと思われます。

それらを加味しても、
当社としてはスプレッドNO1であり続けます

又、スプレッドはこれ以上小さくすることは難しいのではないかと。
運営のことを考えても、現在のスプレッドがギリギリのところです。

これ以上スプレッドを小さくすると運営が厳しくなります。

これはおそらく他社も同様です。

・スプレッドが小さくなると約定力に問題が出そうですが
 そのあたりはどう考えてますか?

約定スピードに関しては他社さんと比較しても早いほうだと思います。

実際に計測しましたが、他社さんに負けないくらい早いです。

ゆえに、
現在のスプレッドでも約定スピードに関しては当社は問題ありません。

・クリック証券さんは現在口座開設者が増えていると聞いております。
 口座開設増加に伴い、システムの安定についてはどうお考えですか?

先ほどの約定スピードにも関係しますが、
現在のシステムによる約定スピードに関しても満足してません。

4~5月に赤字覚悟で○○億円のシステムを導入し、
システムを強化しております。

よって約定スピードもさらに速くなっておりますし、
システムの強化も進んでます。

こういったシステムの改善は4~5月だけではなく常に行ってまして、
直近の予定ですと、12月にさらなるシステムの強化を行います。

このようなシステムの強化や改善は
今後も終わることなく続けていく予定です

ですので、今後も約定スピードはさらに速くなり
システムもさらに向上すると考えています。

今回はここまでです。2部へ続きます^^
クリック証券・対談PART2

HPは⇒クリック証券

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ


FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!

Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ