FXテクニカルチャート

マーケットプロファイルでチャート分析

更新日:

今日のユーロドルは
NYタイムがスタートしてから少し下げトレンドができましたね。

年末ということもあり、今年いっぱいはこんな感じで
短期的なトレンドが同じような価格帯で動く感じになるのかな~
といった印象です。

通貨ペアごとに、落ち着く価格帯というのがどこなのか?が
なんとなくわかっていれば、トレード戦略が建てやすいのかな~って
最近思います。

それをマーケットプロファイルを使うと見えてくるので
それについて書いてみます


その前に・・・管理人からのお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックし、
応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^ (全て別窓で開きます)
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


マーケットプロファイル分析によれば
各通貨ペアごとに、又、その相場ごとに
居心地のよい価格帯というのがあるという定義があります。

V字の値動きってありますよね?

例えば、ユーロドルがロンドンで1.340から1.332まで下落したけど
ニューヨークで1.332かあ1.340まで回復した とか。

そんな感じで、居心地のよい価格帯というのがある
というのがマーケットプロファイルで定義されてます。

その定義の仕方は、すご~く簡単に言うと
ある価格帯に滞在した時間の長さで見ることができるとのこと。

例えば、こちらをご覧ください

ユーロドルの1週間をベースとしたマーケットプロファイルによる
プライスヒストグラムです
ユーロドル4時間
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

ヒストグラムが長い箇所が滞在時間の長かった価格帯。

つまり、居心地のよい価格帯ということになります。

で、これをこんな感じで見てみます
ユーロドル4時間2
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

すると、もし仮にこのレンジ幅で動くとすれば
この四角で囲った価格内で移動してくる可能性が高くなります。

スポンサーリンク

つまり、何かしらのタイミングで上昇するとすれば
四角で囲ったところがターゲットになるかもしれない。

実際に、今週のユーロドルは、
先週の値動きの中にある、滞在時間が長かった価格帯で
上下を今のところ抑えられています。

ということは、比較的大き目の値動きがあるとすれば
この居心地のよかった価格帯から離れていくという動きになる可能性が高い。

もう少し長い期間で見てみましょう

ユーロドル4時間3
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

こんな感じになります。

これをみると、赤い四角で囲ったところが居心地のよい価格帯
だと定義できます。

ということは、そのに戻るかもしれないという分析も可能ですね。

逆に言うと、大きく取れそうな価格帯は
下の丸で囲ったところがそれにあたりそう。

ユーロドル5
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

こんな感じで、
マーケットプロファイルのプライスヒストグラムを見ていくと
分析やトレードプランが建てやすくなるかもしれません。

スキャルは中・長期的な分析や、
値動きの把握が必要ないとされていますが

こんな感じで、
自分なりの中長期的な分析ができれば一つ武器が増えるかもしれませんね^^

マーケットプロファイルを利用したレンジトレード手法は
こちらの書籍に書いてあります

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。 かずえモンFXメルマガ

-FXテクニカルチャート

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.