1分足スキャル手法

1分足PIVOTスキャル【利食い】

更新日:

長いこと書いてきた、1分足PIVOTスキャル手法の解説。

そろそろ基本的なことは書き終わります。

応用は別で書いていきます。

今回は、1分足PIVOTスキャル手法の利食いについてです。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


1分足を表示し各時間足のPIVOTを利用したスキャル手法ですが
今回は利食いについてです。

利食いの方法は、基本的には2つ。

以前もちょろっと書きましたが、
15分足のケルトナーチャネルを利用した方法と、もう一つ。

1分足のローソク足の形による利食いです。

まずは、2つ用意している理由を簡単に

考えておきたいのは相場は生き物だということ。

値動きにパターンがあったりしますが、
相場に規則性はないと私は考えています。

つまり、必ずということはない。

利食いでは、15分足のケルトナーチャネルを利用しますが
それも必ずタッチするとかそういう規則性はないのです。

なので、利食いの方法を2つ用意しています。

まずは、15分足のケルトナーチャネルを利用した利食いです。

こちらをご覧ください。
利食い
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

15分足にケルトナーチャネルを表示したチャートです。

基本的には、黄色の丸で囲ったところのように、
白のケルトナーチャネルで利食いします。

一日を通して、
このケルトナーチャネルを抜けたまま推移することはかなり少ないので、
ケルトナーチャネルにタッチしたり、抜けた場合、抜けている状況で利食いします。

スポンサーリンク

タッチは簡単に理解できると思うのですが、
抜けている状況で利食いというのがわかりにくいかと。

抜けている状況というのは、
ケルトナーチャネルからローソク足が抜けた場合、
その抜けたローソク足が、再度ケルトナーチャネルに戻ってくるのを
待たずに利食いするということです。

再度下記チャートを見ていただくとわかるように、
利食い
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

15分足のケルトナーチャネルを抜けたローソク足は
ヒゲになっていることが見て取れると思います。

赤い丸の箇所です。

このように、
ローソク足にヒゲができる前に利食いするということ。

その目安として、ケルトナーチャネルをもう一本表示しています。

それが、青い点線で秒syしている 2.3% のケルトナーチャネルです。

相場に勢いがあり、ローソク足が抜けた場合は、
2.3%のケルトナーチャネルで利食いです。

そうやって、
ローソク足がケルトナーチャネルに戻ってくる前に
利食いするようにしています。

まとめますと、

15分足のケルトナーチャネル(1.6%)タッチで利食い

相場に勢いがあり、ローソク足が
ケルトナーチャネル(1.6)を抜けた場合は

ケルトナーチャネル(2.3%)で利食いする

としています。

これがケルトナーチャネルを利用した利食いです。

ただし、
これはケルトナーチャネルまで到達することを想定した
利食いの方法。

もちろん、ケルトナーチャネルに到達しないこともあります

冒頭でも書いたように、相場は生き物だから
ケルトナーチャネルというテクニカルに規則性はないのです

次回は、もう一つの利食い方法を書きます。

次回紹介する利食い方法で利食いすることのほうが多いし、
スキャルピングと言えるかもしれません。
いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-1分足スキャル手法

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.