1分足スキャル手法

1分足PIVOTスキャルの事例

更新日:

FXに限らずトレードで成功するカギとなるのは、

自分が信じられるテクニカル
自分が信じられるパラメーター

を組み合わせて、

自分が信じられる手法を確立し

それを守りながらトレードするのが最適だと思います。

で、最後はメンタル。

メンタルってやっぱり大事だなって最近痛感しています。

さて今日は金曜日の1分足スキャルのエントリーを紹介します。

そういえば・・・ブログランキングが激落してました
にほんブログ村 FX スキャルピング派


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ■エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング        ■FC2ブログランキング

いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


金曜日はよく動いたので結構トレードしました。

その中で、よい事例があったので紹介します。

下記は深夜12時を過ぎてからのトレードです。

スキャル

なぜ紹介したのかというと
このトレードは、スキャルで利を伸ばせた箇所だからです。

エントリー理由は
10pips以上を狙いにいくパターンがでたのでエントリーしました。

参考⇒1分足PIVOTスキャル・10pips以上狙いのエントリー

手順としては、

30分足のPIVOTの下に15分足のPIVOTがあり

15分足のPIVOTの下に5分足のPIVOTが出現し、

ローソク足が5分足のPIVOTの下に位置していて、

ADXがフラットな状態か、上昇してる状態を確認してエントリーです。

それを実行したのが先ほどのチャート画像です。

この箇所は、ボリバンスクイーズが解消されたこともあり
少し利を伸ばせそうであれば伸ばそうと思いました

スポンサーリンク

このエントリーは10pips以上狙いのエントリーなので
利を伸ばすこともあります。

その利を伸ばす方法として、PIVOTの状態をみます。

もう一度チャートをご覧ください
スキャル

エントリーしたときも、各PIVOTが揃った状態でした。

その後、

新しい30分足のPIVOTが確定したときもPIVOTが揃った状態でしたし
ローソク足の実体が5分足のPIVOTを抜けて終わったこともなかったので

そのまま利を伸ばします。

で、決済をしたところをご覧ください。
スキャル
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

5分足の新しいPIVOTが出現したときに
そのPIVOTの上にローソク足が出現しました。

ここで利食いしました。

新しい5分足のPIVOTが出現したとき、

そのPIVOTの上に

ローソク足が位置した状態で新しい5分間がスタートすると、

一時的にちゃぶついたり

15分足のPIVOTや30分足のPIVOTを目指してしまうことがあるので

決済します。

しかも、ADXは下ってますし、
VQも逆のサインを出してるので必ず決済します。

結果、約21pipsのプラス。

所要時間は約30分間。

時間帯効果としても良いかと思われます。

こんな感じで、金曜日は利を伸ばしにいけました。

5分足のPIVOTとローソク足の位置関係を見ていくと
利を伸ばせる箇所がわかったり、トレンドがなんとなくつかめます。

PIVOT、個人的には大好きなテクニカルだし、
自分が信じられるテクニカルです^^

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-1分足スキャル手法

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.