FXテクニカルチャート

RVI(テクニカル)の活用

更新日:

今日のトレードはユーロ円で行っています。

この記事を書いている時点では、スキャルで10pipsのプラス

114.35付近でエントリーしたロングポジションをまだホールドしてます。

現在、115.25付近なので、100pipsに乗ったら利食いします
と書いたらビュンって伸びて指値が執行! 100pipsゲッツ!

まだ伸びてるな~・・・

さて今日は、RVIについて書いてみようと思います。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 今何位?
⇒ FX人気ブログランキング めざせ25位以内!
⇒ FC2ブログランキング
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
いつもクリックありがとうございます!
本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


 

RVIというテクニカルを聞いたことありますか?

MT4だとデフォルトでも装備されてるテクニカルです。

RVIは以前も取り上げました。

何度か取り上げるということは・・・お気に入りのテクニカルってこと^^

結構好きなテクニカルです。

最近、思い立ってちょっと使ってみています。

で、RVIとはなんでしょう?

正式名称は、

レラティブ・ボラティリティー・インデックス

となります。

このテクニカルは、RSIを応用したテクニカルでして
名称にもありますように、ボラティリティーが拡大・縮小しているのか?を判断したり
方向性を見たりすることもできます。

計算式は、後でかきます^^

で、使い方としては0ラインを中心とするものが主だった利用方法ですね。

後は、ストキャスッティクスのようにシグナルラインのクロスで
エントリーの参考にするといった使い方です。

では、ちょっとチャートをみてみましょう^^

RVI
RVI搭載⇒GMOクリック証券【FXネオ】

スポンサーリンク

で、0ラインを利用するとすると
RVI2
チャート⇒GMOクリック証券【FXネオ】

○で記したところがそれにあたります。

「でも、これってこの0ラインのクロスだけを利用するってのは
 ちょっともったいないような気がするな~」

と思ったのが5月の下旬。

で、色々使ってみてるのですがいい感じの利用方法が見つかりまして、
私なりに、エントリーの参考として使っています。

どうやって使っているのか?

0ラインも参考にしますが、
シグナルラインも利用しますし、レベルも利用します。

反応も少しはやめだし、RSIとはテクニカルの内容が違うものの
オシレーターとしては利用価値があるかと思います。

RVIは使いようによっては、色々使えると思いますよ^^

しか~し・・・

相変わらず説明が長いので次号以降に
RVIの私なりの使い方を書いてみようと思います^^

私のメインの手法に非常に役立ってます^^

下記をクリックすると幸運が訪れる?
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
っていう噂はありませんが、
応援クリックおねがいいたします。

クリックしてくれる方が少なくなってるのでちょっと寂しい・・・

期間限定企画】

FXブロードネット
 → エントリーしてはいけない箇所を見つける方法レポートプレゼント
 このことを知ってからトレードをしていれば、
 もっと勝率を上げられたのになぁ・・・と思ったことを書いております。

インヴァスト証券

⇒当ブログ限定! 【1000円キャッシュバック】

 手数料200枚まで無料 200枚後手数料20円
 入金と取引で3万円キャッシュバック
  
アイネットFX
 → 書籍【一目均衡表の研究】をプレゼント!一目均衡表をマスターしよう!

三田証券
 → 私が実践中のデイトレ手法レポートをプレゼント
   シンプルで損切りが小さいルールです。

サクソバンク
 
 → 「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版有料会員コンテンツ」を
  6ヶ月分無料でプレゼント(約10,000円相当!!)詳しくは↓のバナーを
  クリック

 

アイネットFX

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXテクニカルチャート

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.