期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

平均足との組み合わせ

この記事⇒全スキャFXのレビュー
にアクセスが多く集まっています。

それだけ注目されてるのでしょうね^^

さて、ここのところギリシャ問題などでユーロが動きますね。

こういうときは、素直にユーロがらみの通貨ペアをトレードしたほうが
トレードしやすいかと思います。

なので、私もユーロ円・ユーロドルを中心にしています。

ユーロ円に関しては、
現時点では113円台に入ると反発するような形になっています。

しかし、上値も重そうです。  115円台が上値の基準となりそうですね。

もし113円を突破するようなことがあれば、
111円台も視野に入れてトレードしても良さそうな雰囲気です。

さて今日は平均足について考察してみようと思います。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 今何位?
⇒ FX人気ブログランキング めざせ25位以内!
⇒ FC2ブログランキング
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
いつもクリックありがとうございます!
本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


 

平均足といえば、
トレンドや方向性がわかりやすいテクニカルとしてあまりにも有名です。

平均足の使い方についてはさほど説明はいらないでしょう。

それくらい浸透しているテクニカルです。

又、当ブログで取り上げてレビューをし好評価をしているトレード手法である

デイトレンドFX 全スキャFX 

ともに、平均足を利用されています。

やはり平均足というのは使えるテクニカルなのです。

でも、平均足にもデメリットがあります。

それは、ローソク足よりも動きがわかりにくいということ。

平均足は流れ・方向性はわかりやすいのですが、
反応それ自体は若干遅いといわれております。

よって、エントリーと決済にスピードが必要なスキャルピングを行ううえでは
平均足は判断が遅くなるのではないか?
という意見もあるのです。

しかし、そのデメリットは平均足に関して言えば仕方がないこと。

それをどう活用していくかは私たちトレーダーの役割です。

トレードにおいての格言としてこのようなものがあります。

「頭と尻尾はくれてやれ」

平均足はこの格言が一番しっくりくるような気がしています。

こちらをご覧ください
平均足
平均足⇒FXブロードネット

A~A-1をひとつの流れだとしたら、
Aの次の足でエントリーしてA-1の足で利食いをしたとします。

これってまさしく、「頭と尻尾はくれてやれ」に当てはまると思うんです。

B~B-1に関しても同様です。

平均足はこの「頭と尻尾はくれてやれ」戦略に則るには
実行しやすいテクニカルではないでしょうか?

スポンサーリンク

でも、先ほども書きましたし、
頭と尻尾はくれてやれ戦略からみ手取れるように
平均足はローソク足と比べて遅いというデメリットがあります。

それをどうやって解決していくのか?

平均足とその他のテクニカルの組み合わせで解決できるのではないでしょうか?

反応の早いオシレーターをひとつプラスしてみるというのも
ひとつの方法です。

反応が早いオシレーターといえば、RSI。

RSIは先行指標とも言われているので、反応は早いです。

heikinnasi
チャート⇒FXブロードネット

平均足とRSIの組み合わせです。

例えば、下落でしたら平均足が陰線のときにRSIが40を抜けたらエントリーし
再度、40に戻るまでポジションを持っている。

そんなふうにも使えるかと思います。

ちなみに、RSIは2通りの計算式があります。

日本で一般的に使われてる計算式と
開発者のワイルダーが利用している計算式は違うとのこと。

FXブロードネットのRSIは2通り用意してあり、

Aパターンは日本でみられる一般的なRSI
Bパターンはワイルダーが利用しているオリジナルに近いRSI

となっているようです。

平均足は組み合わせ次第で活用方法が色々あるわけです。

ただ、平均足を活用するには色々と理解しておくべきことがあります。

それについては次回かいてみようと思います^^

現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
っていう噂はありませんが、
応援クリックおねがいいたします。

クリックしてくれる方が少なくなってるのでちょっと寂しいです・・・

期間限定企画】

FXブロードネット
 → エントリーしてはいけない箇所を見つける方法レポートプレゼント
 このことを知ってからトレードをしていれば、
 もっと勝率を上げられたのになぁ・・・と思ったことを書いております。

インヴァスト証券

⇒当ブログ限定! 【1000円キャッシュバック】

 手数料200枚まで無料 200枚後手数料20円
 入金と取引で3万円キャッシュバック
  
アイネットFX
 → 書籍【一目均衡表の研究】をプレゼント!一目均衡表をマスターしよう!

三田証券
 → 私が実践中のデイトレ手法レポートをプレゼント
   シンプルで損切りが小さいルールです。

サクソバンク
 
 → 「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版有料会員コンテンツ」を
  6ヶ月分無料でプレゼント(約10,000円相当!!)詳しくは↓のバナーを
  クリック

 

アイネットFX

スポンサーリンク

3 Responses to “平均足との組み合わせ”

  1. マクシミリアン より:

    SECRET: 0
    PASS: b393d0eb33996dce6e1136055dd21669
    こんにちは

    チャート画像で、Aの左側、B-1の右側は、このやり方で、うまくいかないですよね?

  2. 黒田よねお より:

    1ヶ月目の初心者ですがこの記事、同感です。

    平均足とMACD、なんかシンプルだけど精度高し。
    そこに12と20EMAですか。ありがとうございます。
    携帯、タブレット版MT4ではカスタムインジケーターで平均足が追加できないので困っています。

    一番小さくて軽いPCを買うしかないですかね?

    • kazuemon より:

      コメントありがとうございます。

      一番使いやすいのはやはり小さめのPCでチャートをチェックしたほうが良いと思います。

      私はスマホで簡単なチェックをして、外出先でも詳しく見たい場合はノートPCを開いています。
      自宅では画面を2つ用意してデスクトップPCでトレードをしています。

      MT4をこれからも使うのであればPCのほうが見やすいのでオススメです^^

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Facebookやってます

Twitterやってます

このページの先頭へ