ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドスクイーズとは

更新日:

先日書いた某ドラッグストアのスタッフの件ですが
アドバイスを頂きまして、
ひとまずアドバイスどおりの対応をしました。

アドバイスを下さった新○助さん

ありがとうございます^^

同調してくださったきのぴ~さん
ありがとうございます^^

とりあえずこの対応をして、その後の対応は
今後検討したいと思います。

さて、今日はボリンジャーバンドスクイーズ
について書いてみますね。

これ、1分足スキャルでも使ってるので
ボリバンスクイーズをとりあえず解説しておきます^^


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけると喜んであんな事も書きます
注)全て別窓で開きます^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 1位を目指してます!

⇒ FX人気ブログランキング めざせ50位以内!
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!
タイアップ⇒
ユニマット証券FXブロードネットスター為替証券


 

ボリンジャーバンドスクイーズってのは
基本的な考え方として

ボリンジャーバンドがケルトナーチャネル内に入っている
状態がスクイーズ

そのスクイーズの状態からの拡散

つまり、ボリンジャーバンドがケルトナーチャネルから
出て行く状態でエントリーするのが

ボリバンスクイーズの考え方なんです。

正確にはモメンタムも使いますが基本的な考えはこんな感じ。

説明が簡単すぎますね・・・
詳細はこちらの書籍に書いてあります
→ フルタイムトレーダー完全マニュアル (ウィザードブックシリーズ)

で、パラメーターは上記の書籍によりますと
ケルトナーチャネルは20期間と1.5
ボリンジャーバンドは20期間と2σ
モメンタムは12
です。

まあ、このパラメーター云々ではなく
大切なのはボリンジャーバンドの収縮から
拡散を狙いましょうってことなんですね。

拡散したときにモメンタムの方向にエントリーをする。

これをある種のフィルタリングや
トレードをする通貨ペアの状態を図るものとして
使います。

例えば、ユーロドルの1時間足で
ボリバンがケルトナーチャネルの中に入っていたとしましょう。

その場合、レンジ相場・小動きと判断できるので
順張りスキャル派としては往復ビンタを食らう傾向にあるかもしれない

スポンサーリンク

と考えられます。

その時に、とりあえずスクイーズしてない
通貨ペアを探して、スキャルをします。

スクイーズから拡散した時は絶好のエントリーポイント

なので、他の通貨ペアでトレードしつつも
先ほどのスクイーズしてるユーロドルの1時足を監視し、
スクイーズが解消されたときにエントリーを考える。

こんな感じでフィルタリングや通貨ペア選びなどにも
使えます。

一応、ケルトナーチャネルはアイネットFX(一目均衡表の研究プレゼント中)で
表示できるので試してみるのも良いかもしれません。

ちょっと今日はさわりだけですが
ボリバンスクイーズについてでした。

又後日、時間を見つけてチャートを作って解説しますね。

ちなみに今日はユーロドルで39pips
(もうちょっとで40pipsでした・・・)

ボラが大きくなっているのでユーロドルがやりやすかったです^^

今日もボラがあるので
ロンドン終了までがんばっていきましょう!

記事作成のモチベーションになりますので
応援クリックお願いします!

FX スキャルピング派ランキング
ワイロください(笑

期間限定企画】

FXブロードネット
 → エントリーしてはいけない箇所を見つける方法レポート
  私がこれらのことを知ってからトレードをしていれば・・・と
  思うことを書いております。
アイネットFX
 → 書籍【一目均衡表の研究】をプレゼント!一目均衡表をマスターしよう!

ユニマット証券
 → 私が実践中のデイトレ手法レポートをプレゼント
   シンプルで損切りが小さいルールです。

スター為替証券 → 特別キャッシュバック

サクソバンク
 
 → 「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版有料会員コンテンツ」を
  6ヶ月分無料でプレゼント(約10,000円相当!!)詳しくは↓のバナーを
  クリック

アイネットFX

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-ボリンジャーバンド
-

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.