期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

ドテンを想定したスキャルで損切りをカバーする方法

ドテンはレンジ相場において
有効なテクニックだと思っています。

私もドテン、行います^^

そこで、

どんな局面でドテンを想定するのか?
どこからドテンをするのか?

を書いてみようと思います。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけると喜んであんな事も書きます
注)全て別窓で開きます^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ←目指せスキャル派1位!
⇒ FX人気ブログランキング めざせ50位以内!
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!
タイアップ⇒ユニマット証券FXブロードネットスター為替証券


 

ドテンは簡単に言うと
損切りとエントリーが同時ってことかな。

エントリーしたけど
すぐにエントリーとは反対方向に動いたので
損切りして、反対方向にエントリーするというもの。

スキャルでこれをやってる方、多いと思います。

でですね、ドテンを想定してエントリーするのが
スキャルだと得策かと私は思っています。

例えば、直前の流れに沿った
順張りエントリーを考えているんだけど
自分が使っている移動平均線を抜けちゃったっていう局面。
1
チャート→FXブロードネット

Aの直前の動きをを見ると下方向に動いています。

で、戻り目からのエントリーを考えていて
移動平均線(このチャートだと20EMA)からの
下げでエントリーを考えているとします。

しかし、Aを見ていただくとわかりますが
20EMAを抜けちゃってるんですね。

この場合、頭の中では

「抜けちゃったからロングかな・・・」

って思う。

しかし、基本は下げで
直近の高値をすこ~し越えただけなので
ショートで入ろうと決心。

Bの局面を見てください。

この局面でショートエントリーをしようと思うのは
心理的に逆張りになると思うんです。

ですが、平均足の勢いもなくなり
ボリバン2σも収束し始めてるし、
ストキャスティクス(オシレーターならなんでもOK)が
ショートサインを出しているので
ここでショートで勇気を持ってエントリー。

このときに、白いライン、
つまり直近の高値を損切りと想定しておく。

そうすれば、損切りが小さくて済みます

で、もしその白いラインを上抜けて
損切りになったとしたら、
上方向のチカラが強いと考えドテンでロング

って感じでドテンをすることができます。

ある程度のボラがあれば勢いだけでも
損切りぶんくらいはカバーできる可能性が高い。

だから、
ドテンを想定し逆張り風のスキャルをしておけば
損切りぶんくらいはドテンでカバーできちゃいます。

Cも同様です。

で、次はドテンになったケース。
2
チャート→FXブロードネット

こちらも同様で、直前は下げてます。

スポンサーリンク

なので基本はショート。

Aの箇所を見ると、20EMAを抜けています。

がしかし、直近の高値をすこ~し越えただけなので
ショートでエントリーします。

で、想定しておくのは白いラインで、
白いラインになったら損切り&ドテンを用意しておく。

結果的に、ターゲットに至らず
白いラインまで上昇してきました。

なので、損切りをしてドテン

これで、損切りした値幅くらいになったらすぐに利食い

そうやってスキャルをしていけば
損切りしたマイナス分を軽減できます

ドテンを想定したエントリーを行っていくと
なるべく損切りの値幅が小さいほうが有利だと気づきます

ドテンをして損切り分を取り戻したいのであれば
なるべく損切りの値幅が少ないほうが有利だから。

そうしていくと、先ほども言ったように
損切りまでの値幅が小さい箇所でエントリーするようになります。

で、結果的にいつもよりも早めにエントリー
することになるので
利益を出せたエントリーに関しては
いつもよりも利益を伸ばすことが可能。

って感じ^^

ドテンに関してはもっと書きたいので
今後も書いていこうと思います。

ドテンを活用できるようになると損切りが小さくなりますからね^^

ちなみに、ドテンがしやすいのは
フォーランド

です。

ドテン機能ついています。

よし!ドテンってのを意識してみよう!
と思った方は
FX スキャルピング派ランキング
ワイロお願いします(笑

期間限定企画】

FXブロードネット
 → エントリーしてはいけない箇所を見つける方法レポート
  私がこれらのことを知ってからトレードをしていれば・・・と
  思うことを書いております。
アイネットFX
 → 書籍【一目均衡表の研究】をプレゼント!一目均衡表をマスターしよう!

ユニマット証券
 → 私が実践中のデイトレ手法レポートをプレゼント
   シンプルで損切りが小さいルールです。

スター為替証券 → 特別キャッシュバック

サクソバンク
 
 → 「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版有料会員コンテンツ」を
  6ヶ月分無料でプレゼント(約10,000円相当!!)詳しくは↓のバナーを
  クリック

アイネットFX

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


最近の投稿

Facebookやってます

Twitterやってます

このページの先頭へ