FX業者

FX業者の選び方【インターバンク直結型も選択肢に入れよう】

更新日:

レバレッジ規制がスタートしましたが
皆さんの業者管理はどうでしょうか?

私が個人的に思うに、
今後はコレまで以上に業者さん選びと業者管理を
シビアにしていくべき
だと思ってます。

そこで、個人的には、
特徴の違う業者を3つくらいに分けて
それらの業者でトレードをしていくべき。

我々としてはスキャルなので

・低スプ 
 → スキャルなのでスプレッドは狭いほうがいい

・約定力が高い 
 → タイミングを逃したくないので

・注文のしやすさ
 → 注文・ストップをすぐに入れられる機能

・レート配信の透明性が高い
 → レート配信によって収益に差が出るため

・業者の信頼性
 → 信頼性が高いほうが安心

といった条件が、最低限必要ですよね。

まあ、上記の条件については
皆さんある程度シビアになっていると思うんです。

しかし、盲点なのは業者の仕組みについて。

スプレッドなどは意識していても
業者の仕組みまでは意識されてないかな~って。

一度体感すべきなのが
インターバンク直結型の業者のレート配信と
値動きと約定力です

インターバンク直結型っていう業者は
レートに加工が入らないし介入もできないので
約定力も高いし、値動きも早い。

我々の注文をそのままインターバンクに流しますからね。

あ、ちなみに、
日本国内の業者の仕組みは主に2つ

ディーリング型 or インターバンク直結型

の2つです。

スポンサーリンク

ディーリング型っていうのは
インターバンクから提供されたレートを加工することも可能。

インターバンク直結型っていうのは
インターバンクから提供されたレートを
そのまま我々に配信するシステムなので加工ができない。

つまり、インターバンク直結型の業者ってのは
レートに加工ができないので
そのままインターバンクに流すしかないのです。

だから、約定スピードが速い
レート配信も透明性が高いうえにスプレッドが狭いわけです。

ちなみに、インターバンク直結型は
顧客の利益は業者の利益となります

インターバンク直結型の業者を一つ用意しておくと
より有利なトレードができるかと思われます^^

国内業者のなかで
インターバンク直結型で有名なのがFX ZEROですね。

スプレッドが

ドル円   0~2銭 (概ね1銭)
ポンド円  0~3銭 (概ね2銭)
ユーロ円  0~2銭 (概ね2銭)
ユーロドル 0~2pip (概ね1pip)
ポンドドル 1~2pip (概ね2pip)

   
で約定力が高く、約定スピードがやたらと速い

今後の業者選びの際には
インターバンク直結型の業者を
選択肢の一つに入れてみるのもよいと思いますよ^^

FX ZERO

ひまわりホールディングのグループなので
信頼性も高いです^^

【追記】

ポンド円なんかは、値動きが激しいから
レート配信の透明性と約定スピードは収益に直結します。

【追記2】

オススメの組み合わせは

インターバンク直結型

信頼できるディーリング型

くりっく365

ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FX業者

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.