FXトレード日記

ちゃぶつきとレンジの違い

更新日:

今日からトレードが始まりますね。

日本は休日なので、東京タイムはあまり動かないのかな。

といいつつ、
いつだったか日本は休場なのに
東京タイムでちゃんとしたトレンドが出来ていた日もあります。

まあ、相場に絶対はないですしね。

でも、今日休日の方は無理せず休日を楽しんだほうが、
結果的にトレードが上手く行くと思います^^

さて、今日はご質問を頂いたので
それについての見解を書いてみます^^

ちゃぶつき、についてです。

ちゃぶつき

ちゃぶつきは先日こちらの記事
1分足スキャルの経過報告
でも書いたように、
1分足スキャルで注目してるのはちゃぶつきです。

ちゃぶつきってのは色々な書籍で使われている言葉でして
造語ではないです^^

まあ、意味合いとしてはレンジと同じように使われてます。

つまり、一定の値幅を行ったりきたりするような
値動きのこと、ですね。

でも、かずえモン的には
「ちゃぶつき」と「レンジ」を分けてます。

レンジ

レンジってのはイメージ的にはこんな感じ
レンジ

レジスタンスもサポートもある程度決まっていて
その範囲内で推移してるのがレンジ

スポンサーリンク

と私は判断しています。

ちゃぶつきってのは
ちょっと説明が難しいのですが
レジスタンスやサポートといった決まった値幅ではなく
方向感がなくなった状態をちゃぶつきと呼んでます。

わかりやすいのは、
平均足で上下にヒゲが出てて
陰線と陽線があまり連続しないような箇所ですね。

ちゃぶつき
チャート⇒FXブロードネット

黄色の四角で囲った箇所です。

レンジより狭い範囲で動いてることがわかりますね。

一時的に方向感がない。

こういった、ちゃぶつきが発生したときって
特にトレンドの最中は押し目・戻り目になることがあります

つまり、このちゃぶついているときに
どちらにバイアスがかかってる上で
ちゃぶついているのかを見てみよう
って感じっすね^^

ちゃぶつきは、5~10分くらい継続することがあるので
その間にどうやって判断をしていくかが
1分足スキャルの要かな~と

逆に言えば、その間に準備ができるので
精神的な面でも余裕ができますし。

なので、1分足スキャルにおいて
注力している一つの部分としてちゃぶつきってのがあります^^

尚、これだけでトレードしてるわけではないです。

そのあたりはルール化できたら
公開しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXトレード日記

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.