FXトレード日記

70EMAと62EMAと10EMA

更新日:

⇒ FX スキャルピング派ランキング  ちょっと下落中(涙

現在、ドル円が戻りつつあります。

この局面を逆張りでいくか、
それとも押し目狙いで再度売りで入るか。

このあたりの判断が面白い局面ですね。

下記は1時間足。
ドル円

ゾーンと書かれた○の辺りが気になる価格帯。

この価格帯までの上昇を狙うのか、
それともこの価格帯に来たときに戻り売りをするのか?

面白い局面です^^

さて、今日はこれまで使ってきた72EMAを修正したいと思います。


その前に管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング  
⇒ FX人気ブログランキング 
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


さて、これまで70EMAを使ってきました。

こちらの記事を参照⇒MACDの応用・70EMAの使い方

私は70EMAがいいと思っていましたし、
機能すると思っています。

最近ちょっと気軽によんだ本がありまして
その本によると、62EMAが提案されていました。

こちらです⇒超カンタン アメリカ最強のFX理論

表紙はうさんくさいですが、
内容はシンプルで役に立つ内容ばかりです^^

で、この書籍によると、
62EMAはフィボナッチとの関係もあるとか。

なるほど!その考えはなかった!

スポンサーリンク

なので、これまで70EMAを使ってきましたが、
62EMAに変更してみます。

パラが8違うだけなので、大した差はありませんが(汗

それと先日頂いたメールで10EMAと20EMAのクロスは
エントリーには機能しないというメールを頂きました。

そうなんです。

20EMAと10EMAのクロスは
単純にどちらで入るかを決めるクロスであって
それ自体がエントリーのサインではありません

10EMAはローソク足(平均足)が20EMAの下にあるのか?
上にあるのか?を判断するための補助ツール。

なので、クロスそれ自体でエントリーはしません

エントリーのフィルタリングです。

それを踏まえて考えると
無駄なエントリーが少なくなるので
そうやって使ってみてください^^

私のとっての10EMAと20EMAは、
あくまでもどちらで入るか?の判断基準。

これを5分足・15分足・1時間足で比較して
状況を判断する方法もあるので、そのあたりは次回^^

現在、21:27。

そろそろアメリカの指標発表ですね。

今日はどんな動きになるのか?

ドル円を中心にトレードしようと思います。

今日もがんばりましょう!

【当ブログ限定企画】

私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。
レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^
詳しくはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXトレード日記

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.