一目均衡表

一目均衡表の研究

更新日:

FXブロードネットのニュースによれば
年内は相場が薄いだけに急激な転換などもあるとも
書いてありましたのでとにかく慎重にトレードしたいものです。

さて、一目均衡表を最近勉強しておりまして
その有効さがわかってきたのでシェアしたいと思います。


管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング   
⇒ FX人気ブログランキング 
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!
クリック証券限定 420
今月末まで!


実は年末年始のお勉強用にFXの書籍を数冊購入しまして
その中の一つに一目均衡表の研究という本があります。

一目均衡表の研究

この書籍は一目均衡表のバイブルみたいな本だそうで
一目均衡表を勉強するために必須化と思い買ってみました。

一般的に言われてる一目均衡表の使い方といえば
転換線と基準線のクロスや雲抜け等が代表的ですね。

がしかし、この一目均衡表の研究によれば
一目均衡表はそのほかに時間や値幅も予測できるとのことでした。

読んでいると、エリオット波動も入っているし
フィボナッチ的な使い方も一目均衡表の入っているな~と感じました。

でですね、この中でまず注目したのが基準線の重要性
総合的に見たサポートやレジスタンスの見つけ方などです。

遅行スパンと雲を使ったサポートやレジスタンスは目からうろこでした。

で、このなかでスキャルにおいて重要かなと思ったのが
基準線が横ばいのときに大き目の動いたときは
サポートやレジスタンスによって跳ね返られるという点でした。

ユーロドル1h
チャート⇒FXブロードネット
上記はユーロドルの1時間足。

スポンサーリンク

ちょっと見難いですが白で囲ってあるところの
ピンクの線が基準線でして、横ばいになってます。

この基準線が横ばいになっていると
割と大きな動きがあっても反発してしまうとのことでしたが
見事に雲によって跳ね返られてしまいました。

これをスキャルで応用したとすると、
例えば15分足の一目均衡表を5分足に出して、
15分足の基準線が横ばいのときの動きには乗らないという風に
決めてしまえば、高値掴みや安値掴みによる無駄な損切りも
防げるかと思います

逆に、基準線が横ばいから角度をつけてきたらトレンドが
発生したと考え、押し目や戻りを狙ってトレードできるかなと。

でですね、本日ユーロドルで9pips取れたのは
それを応用してみた結果、取れました。

初めての試みだったのでちょっとビビって9pipsで利食いしました(汗

でもかなり効果的かなと。

それと遅行スパンを時間差でずらしてサポートやレジスタンスを
見つけるというのもできるのでその辺りを次回かいてみたいと思います。

ちょっと動いてきましたね。

動きが限定的になると思うので
なるべく早めの利食いで勝ち逃げできるようにしましょう!

【当ブログ限定のお得情報】

当ブログ限定のログインだけで2000円キャッシュバックです。
今月末で終了!お早めに^^
既存のキャッシュバックにプラスして企画なのでお得ですよ!
詳しくはこちら
クリック証券限定 420

クリック証券の社長さんとの対談読んでもらいましたか?
興味深いことを聞けたので読んでみてください^^
クリック証券に行ってきました

私が書いたレポートをプレゼント中です。
レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^
詳しくはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-一目均衡表

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.