FXスキャル手法

マルチタイムフレーム・パラボリックSARとADXを使った手法

更新日:

FXで順張り系のトレードをやっている方が思っている事、

それは・・・

押し目・戻り目をシンプルに判断したい

ではないかと思います。

後からチャートを見ると

「ここでエントリーしておけば押し目でエントリーできたのに」

と思うこともあると思うんですね。

私もそういったことを常に考えており、
押し目・戻りを拾いやすくすることをテーマにして
手法を考えたことも多々あります。

しかし、押し・戻りを判断しようと思うと
一つネックになることがあります。

それは、
表示するテクニカルが多くなってきてしまうという点です。

そこで、今回ご紹介する手法はテクニカルを2つだけ使った手法です。

使うインジケーターは

マルチタイムフレームのパラボリックSAR
ADX

の2つです。

表示するチャートは1分足。

設定はこう

1分足に

スポンサーリンク

15分足のパラボリックSAR
1分足のパラボリックSAR

を表示。

パラメーターは両方とも 0.02 と 0.2

それと、ADX(±DIは表示なし)で
パラメーターは9で価格をCLOSEではなくOPNEにする。

そうやって設定したのがこんなチャート
saradx
>>>アルパリのMT4を使用

ルールはこんな感じ


15分足のパラボリックSARが示す方向と
1分足のパラボリックSARが一致して
ADXが上昇したらエントリー

ショートの例がこちら
saradx2
>>>アルパリのMT4を使用

損切りは、1分足のパラボリックSARが逆になったら

利食いは、ドル円で1~5pips程度。

これでコツコツ取りに行く。

この手法のメリットは、押し目や戻りがわかりやすい点。

デメリットは、利食いを小さくしてるのでコツコツドカンになりかねない

という点です。

コツコツドカンにならないようにするには
利食いを欲張らない事でしょうか。

こんな感じの手法も考えられるので
ご自身の手法研究に役立てていただければと思います。

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXスキャル手法

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.