FXトレード日記

トレンドの始まりと終わりを取りに行く

更新日:

トレンドの発生から終わりまでの値幅を獲得するトレード手法

これは理想ではあります。

どの時間を使うか?は別として、
トレンドが始まったなって時にエントリーをして
トレンドが終わったなって時に利食いをする
というのは理想でもあるし、色々な人が追い求めてるのではないでしょうか?

25円を取りに行く

2012年の末にドル円は80円をウロウロしていました。

70円台にいることも珍しくありませんでした。

この80円の時に
トレンドが始まると考えてエントリーしておき
105円台まで引っ張っていれば
25円の利益が乗っていたわけです。

1ロットでも25万円の利益
10ロットなら250万円の利益
100ロットなら2500万円の利益

を約1年間で獲得できていたわけですね。

がしかし・・・これは、トレンドの始まりと終わりがわかればの話 です。


トレンドの始まりと終わりはわからない

正直なところ、
私はトレンドの始まりなどはわからないです。

トレンドは

ファンダメンタル的な要素
機関投資家や政府などの思惑
大口トレーダーの思惑

が一致して初めてできるものだと思います。

だからこそ、
トレンドの始まりでエントリーをして
トレンドの終わりで決済をするというトレードを
追い求めるのは危険に思えるのです。

スポンサーリンク

しかし・・・

この話は、大きなトレンドの話。

短期的なトレンド(1時間以内とか4時間以内とか一日の間とか)は
テクニカル的な要素を重視すれば
なんとかなるのかなという印象もあります。

短期的な小さなトレンドを取りに行くなら可能性がある

実際に、デイトレンドFXはそういったスタイルで多くの個人トレーダーから支持されています。

支持されているからこそ、ロングセラーを記録しているのではないでしょうか。

トレンドの頭から尻尾までごっそりと取りに行く手法

これを追い求めるのは、私にとっては少々リスクが大きく思えます。

しかし、小さなトレンドを確認し、頭と尻尾はくれてやる作戦でいけば、トレードとして確立できるのではないでしょうか。

もし、大きなトレンドの頭から尻尾までごっそりと取りに行く方法を考えているのであれば、ちょっと危険かもしれません。

小さなトレンドの中で、ちょこちょこっと取りに行くことを考えてみてはいかがでしょうか?

いつもとはちょっと違った感じでブログを更新してみました。

たまにはいいかな。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXトレード日記

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.