雇用統計

雇用統計とドル円とボラティリティ

更新日:

本日は雇用統計が発表されました。

結果だけ見ると、約200pipsの上昇。

※チャートは⇒サイバーエージェント

円高が続いていた時期、特に、2012年においては、雇用統計の結果による値動きがとても小さくなっていました。

ですが、2012年の12月からドル円、いや、円に注目が集まってきていて昔のような値動きになってきています。

ですので、今回も200pipsの上昇です。

雇用統計発表時にドル円のボラが上昇するのは私は良いことだと考えてます。

スポンサーリンク

トレードという観点だけでなく、円に対する流動性が高くなってきていると思われるからです。

ここ最近は日本の要人発言等で値動きが活発化することも多々あります。

アメリカやユーロ圏での要人発言によるボラの上昇は当たり前のように起こっていました。

ですが、日本の要人発言でボラが高くなることは少なくなってきていたので、こうやって日本の要人による発言によって相場が動きボラが高くなるのは良いことではないかと思います。

一方、トレードにおいてはそれをどうやって活用していくのか?が鍵となりますね。

本日も雇用統計で00pips動いた後なのである程度はボラの余韻が残っているかと思われます。

ボラの急上昇に注意を払いながら、週末のトレードを終えたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-雇用統計

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.