雇用統計

雇用統計スキャルのエントリー箇所

更新日:

11月の雇用統計はいかがでしたか?

私は10pipsですがスキャルでプラスでした。

以前から書いているように
昔ほど雇用統計で動かなくなってますね。

しかし、今日は米ドル円が結構動きました。

今日の雇用統計スキャルは久しぶりに米ドル円で実行!

その理由と、エントリーした箇所を書いておきますね。

まず、米ドル円にした理由を。

ここ最近、やっと米ドル円が80円台に乗せてきました。

なので、
おそらく市場参加者は
米ドル円、いや、クロス円に注目が集まっていると
判断しました。

で、今日は米ドル円をウォッチしたというわけです。

さて、エントリー箇所ですがこちらです
ドル円

チャートはGMOクリック証券のプラチナチャートです
>>>≪GMOクリック証券≫原則固定スプレッド【米ドル円0.3銭原則固定】【ユーロ円0.7銭】【ポンド円1.2銭】

GMOクリック証券は米ドル円のスプレッドが
0.3銭原則固定なのでコストがかなり抑えられます

スプレッド
>>> ≪GMOクリック証券≫原則固定スプレッド【米ドル円0.3銭】【ユーロ円0.7銭】【ポンド円1.2銭】

で、エントリー理由としてはシンプルです

雇用統計発表後の大きな陽線を見て、
その陽線の方向にエントリーした

それだけです。

雇用統計のスキャルは難しく考えないことがコツ。

間違ったと思ったら切る。

そのために、ロット数を少なくしてリスクをコントロールする

それだけなんです。

GMOクリック証券のプラチナチャートは
ニュースがどれくらい発表されたか?などを
チャート上で見ることができます

スポンサーリンク

下は1分足
ドル円
>>> ≪GMOクリック証券≫原則固定スプレッド【米ドル円0.3銭】【ユーロ円0.7銭】【ポンド円1.2銭】

これは5分足
ドル円5分
>>> ≪GMOクリック証券≫原則固定スプレッド【米ドル円0.3銭】【ユーロ円0.7銭】【ポンド円1.2銭】

で、5分足を見てもらうと分かるように
雇用統計発表直後にあまり伸びてません。

いくら雇用統計と言えども、
以前ほどボラが高くなるという事はないので
リスクコントロールが必要なのです。

どういうことかというと、ボラが上がっていれば
ちょっと乗り遅れたくらいでも5pipsくらい取れます。

しかし、あまりボラが上がってない場合
乗り遅れると伸びが少なくなってしまい
すぐに損切りになります。

そのために雇用統計スキャルをやる時に私は

・スプレッドが狭い業者を利用し
スプレッド負けをしないようにする

・ロット数を抑える

ということをしています。

今日はそれが成功した感じです。

最近、米ドル円がかなりいい感じです。

しかも、スプレッドがかな~り狭いですよね?

0.27銭! >>> SBIFXトレード

>>> ≪GMOクリック証券≫原則固定スプレッド【米ドル円0.3銭】【ユーロ円0.7銭】【ポンド円1.2銭】
クリック証券

FXブロードネット>>> 0.3銭

などなど、かなり狭くなってます。

米ドル円が動くようになったので、
米ドル円でスキャルしようと考えてます。

やはりこのスプレッドの狭さは魅力がありますしね。

エントリーしてすぐに決済しても
プラスになる箇所がたくさんあると思います。

スキャル派にとってみれは嬉しい限り^^

米ドル円が動いてくると思いますし
スプレッドも狭いので米ドル円に注力してもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-雇用統計
-

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.