MT4(メタトレーダー)関連

トレンドラインを自動で引いてくれるインジケーター

更新日:

トレンドラインを使ったライントレードが一時期流行りましたが
最近は聞かなくなりましたね。

しかし、FXのテクニカルといえばトレンドラインでした。

なので、流行り廃りがあるのもおかしな話ですよね・・・

さて、今日は自動でトレンドラインを引いてくれる
インジケーターを紹介します。

その前に・・・管理人からのお願いです。

不正なしでブログランキングに参加してます!

応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!

自動でトレンドラインを引いてくれるインジケーターは

・00-LineMan_v103.mq4

というインジケーターです。

表示するとこんな感じ

lineman
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

以前、かなり注目されていたインジケーターでして、今は、自動でラインを引いてくれるものとして活用されてる方が多いと聞きます。

で、このインジケーターの良いところは、トレンドラインをブレイクするときのシグナルと価格が表示されるところですね。

先ほどのチャートをもう一度ご覧ください。
lineman
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

矢印があると思いますが、これがシグナルとなります。

このチャートでは直近の上昇に対してのトレンドラインを引いて、それを抜けたところでエントリーシグナルがでているので、どちらかといえば逆張りになるように見えますね。

しかし、こういう局面だけではなく、いわゆる順張りでのブレイクのシグナルもでます

スポンサーリンク

ちなみに、このインジケーターに20EMAと10EMAとADXを表示したのがこちらです。
20EMA
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

20EMAと10EMAの手法というのは、こちらに書いてある手法のことです。

参考⇒20EMAと12EMAとブレイクアウトのトレード手法

で、このインジケーターですが、フラクタルが使われています。

フラクタルについてはこちらで解説中です
Fractals(フラクタル)をトレードに活かす
Fractals(フラクタル)の活用方法

つまり、フラクタルを活用し、ラインを引いて、それをブレイクする箇所でエントリーというのがこのインジケーターの概要となります。

さて、自動でトレンドラインを引く・・・となると、思い出されるのが、

ゴールデンスパイダーFX

おそらくゴールデンスパイダーFXもフラクタルを活用したトレンドラインを引くものだと思います、が、しかし、ゴールデンスパイダーFXのほうが手法としてはハッキリしてますね

もちろん、今回紹介したインジケーターだけで勝てるほど、甘くはないのがFX。

そうです、このインジケーターを使う場合、手法それ自体は自分で考えないといけないのです。

全てのシグナルでエントリーしていたら・・・ちょっとキツイ。

自動でラインを引いてくれるインジケーターは非常に楽ですし、見た目もわかりやすく良いのですが、エントリーをどこでするのか?については、自分で考えないといけないわけですね。

なので、自分で手法を考えられる方は、このインジケーターでいいと思います。

しかし、自分で手法を考える時間がない方は、ゴールデンスパイダーFXを購入したほうが、ラインについての勉強はできると思います。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-MT4(メタトレーダー)関連

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.