FXトレード日記

FX相場【水曜日の値動きの特徴】

更新日:

今日のユーロドルは突発的な動きのみですね。

こういう時はスキャル・オプションともに無理せず
10ipsでもプラスになればOKというスタンスが良いかと思います。

あ、そうそう。

一撃必殺!鉄板マスタートレンドは5分足で表示しても
なかなか良いですね。

5分足で表示するのは、私のアレンジなので
本来の使い方ではないものの手ごたえ感じてます。

さて今日は、水曜日の値動きの特徴について
書いてみようと思います。


その前に・・・管理人からのお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックし、
応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^ (全て別窓で開きます)
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


冒頭で書いたように
現在(7月11日)のユーロドルは
トレンドレスの状態。

明確な方向性はないものの、
突発的な値動きがあるという感じです。

流れがでても、1時間~2時間で終わるくらい。

で、それと水曜日の値動きの特徴がどう関係してるのか?

水曜日は一週間の真ん中ですよね。

月曜日は窓埋めトレードが主体になることが多い。

火曜日は、月曜日の流れを汲んで動くことが多い。

そして水曜日。

水曜日は方向転換の起点となることがあったり
値動きが活発化する木曜日と金曜日の方向性を
決めるような値動きになったりします。

こちらをご覧ください

ユーロドル1
チャート⇒OANDA

先週のユーロドルです。

月曜日は下げ

火曜日でレンジとなりました。

で、水曜日はというとレンジ気味でしたが
NYタイム後半に行くにつれて下落。

スポンサーリンク

木曜日と金曜日はその流れどおり下落。

といった感じ。

火曜日で様子見だったので
水曜日で上昇することがあれば
木曜日と金曜日は上昇するかレンジになったかもしれません。

又はこんな週も。

ユーロドル2
チャート⇒OANDA

先々週のユーロドルの値動きです。

月曜日で下げ

火曜日はレンジ

水曜日は小動き

となり、水曜日に向けて値動きが収縮していきました

で、木曜日に大きめのアップダウンがあり

金曜日で上昇トレンド

といった感じ。

この週においては
水曜日でかなり値動きが小さくなりました。

この場合、どちらにいくか?を探っている状態といえるでしょう。

仮に、火曜日の安値を水曜日で更新できれば
木曜日と金曜日は下落が強かったかもしれません。

又は、火曜日の高値を水曜日で更新できれば
木曜日はもっと上昇したかもしれません。

このように、
水曜日の値動きは木曜と金曜の前哨戦といいますか、
相場参加者がどういう心理状況なのか?
などを判断する曜日になりやすいです。

ですので、水曜日の値動きというのを
今までよりも少しだけ観察してみるのもよいと思います。

又は、水曜日は利を伸ばしていくようなトレードをせずに
コツコツ取っていくようなトレードスタイルにする
といったような感じで
トレードを抑えるというのも戦略の一つだと思います。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。 かずえモンFXメルマガ

-FXトレード日記

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.