期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

MT4インジ【snakeforce】のリペイントについて

今回は前回の記事でもふれた
MT4のsnakeforceというインジケーターについての続編です。

割と反響がありまして、
コメントやメッセージをいただいております。


その前に・・・管理人からのお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックし、
応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^ (全て別窓で開きます)
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


さて、snakeforceですが一般的なsnakeforceはリペイントします。

ただし、snakeforceにもリペイントしないタイプもあります。

snakeforce
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

上がリペイントありのsnakeforceで下がリペイントなし。

で、どちらがいいのか?

リペイントするタイプは、動いていない過去のチャートを利用して
検証をするのはちょっと難しいです。

できないことはないですが、ちょっと面倒ですね。

なので、リアルタイムで表示させて
コツコツ検証していくしかありません。

リペイントしないタイプのほうが使いやすいと思われがちですが
それも一長一短で、シグナルそれ自体が少し遅くなります。

先ほどのチャートを見るとその差がわかるかと。

snakeforce
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

リペイントも含めて、そのシグナルを活用するのか?
リペイントは含めず、そのシグナルを見るのか?

によって見解は違うかと。

スポンサーリンク

私は、リペイントしないほうが使いやすいかとは思います。

活用方法として考えられるのは、
snakeforceをエントリーの条件として使うケースと
snakeforceをフィルタリングの一つとして使うケースが
あると思います。

例えば、フィルタリングとして使う場合を考えてみます。

フィルタリングとして使う場合、
例えば、1分足でスキャルをしているとしましょう。

この場合、例えば、
4時間足のsnakeforceを表示させて
その方向だけに1分足でエントリーをするというフィルタリングの王道を行う。

フィルタリングなわけですから、
若干シグナルが遅いくらいのほうが
結果的にエントリーの制御にはなるかと思います。

こんな感じ
snakeforce5
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

エントリーの条件として使うのであれば
先日コメントをいただいた方の手法のように、
他のインジケーターやテクニカルと併用しながら使っていく
というのが良いかと思います。

snakeforce と CCI が一致したらエントリーとか。

この場合
人によってはリペイントしても問題ないというケースもあるかと。

このように、リペイントありか?なしか?でも
使い方が変わってくるのかなって。

リペイントありのほうは、
どちらかというと1時間足や4時間足で使ったほうが
私としては使いやすいと考えています。

snakeforceは興味深いインジなので、
引き続き検証と研究を行い、記事書いていきますね。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク

One Response to “MT4インジ【snakeforce】のリペイントについて”

  1. マル より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    かずえもんさんこんにちは
    先日はありがとうございます
    ところで私はsnakeforceは二つ表示しています
    パラメーターは標準の24です
    フィルターと呼べるか分かりませんがsnakeforceに別にHMA_Russian_Color_sepパラメーターは16 3 0
    ADXm_ANGパラメーターは13 20 ラインは五本ありますが1番2番だけ表示します
    この三個のインジを重ね表示してます
    ADXがHAMより上なら買いエントリー下なら売りエントリーです
    この二つのクロスだけでも結構いけますが時間が長いのでこれを目安にスキャルしています
    なぜADXとHAMかと言うと偶然です
    色々試していたら良かっただけ
    しかもEURUSD以外通じません
    ポンドで試したら痛い目見ました
    かずえもんさんこのようにサブチャートでのクロスを利用できるインジがありましたら紹介お願いします
    文章長くてすいません

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

注目の新FXの業者【LIGHT FX】

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ