期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

トラリピを利用して雇用統計トレードをする

今日は先週のトラップリピートイフダンの成果と、トラップリピートイフダンの活用方法について書いておきます。

トラリピは一度トレードしはじめると、色々なアイデアが浮かんだりするので、やめられなくなりますね。もちろん良い意味で。

その前に管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪

⇒ FX スキャルピング派ランキング  今何位?
⇒ FX人気ブログランキング  5位と6位の間ってランキングじゃないんですね
いつも応援ありがとうございますm(_ _)m本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!

月曜から金曜までに今週は48000円ほどの利益となりました。

豪ドル円がメインでして、スワップの利益も目的とした南アフリカランド円も今週は狙っていた価格帯に到達したので注文が執行されました。

両方あわせて、48000円ほどの利益です。

豪ドル円に関しては、あらかじめ入れておいた注文が雇用統計の値動きで数件約定し、あっという間に5000円の利益が3件ほど決まりました。

ランド円のほうですが、月曜日に狙っていた価格で注文が約定されまして、スワップ狙いで一ヶ月くらいは維持してもいいかなと思っていたのですが、雇用統計の値動きで決済されてしまいました。

利益が出たので良いのですが、スワップも狙いたかったので、決済までの利益の値幅は今後改良の余地アリといった感じです。

でですね、今週ふと思ったのが、トラリピは雇用統計の前に入れておけば、安全に指標トレードができるのではないかと思いました。

たまたま、今回は豪ドル円であらかじめ入れておいた注文が執行され、雇用統計の値動きによって決済され利益が出たわけですが、これを逆手にとれば割と安全に指標トレードができるのではないかと。

指標トレードの最大の注意点は注文が執行されるかどうかです。

スポンサーリンク

トラップリピートイフダンは今回雇用統計の動きの中でもきちんと予定通り注文が執行されたということを考えれば、指標トレードに適しているのではないかと思ったのです。

特に豪ドル円の場合、行って来いの値動きになりやすい通貨なのでやりやすいかなと。

もちろん、注文する価格帯の戦略というか、この価格帯になったら反転するだろうとかそういった戦略は必要ですが、指標の値動きを利用したトレードもやりやすいかなと。

私個人としては、指標トレードは苦い経験があるので、

苦い経験とはこれのことです⇒アメリカ雇用統計の発表と損失体験談

指標トレードはあまり推奨してませんが、トラップリピートイフダンを活用できれば、指標トレードもやってもよいかなと感じています。

今回、たまたまではありますが、指標の値動きによって利益を出すことができたので、可能性を感じています。

指標トレードのなかでも雇用統計は一番といって良いほどの値動きになります。

次回の雇用統計は来月になってしまいますが、こういった指標をあらかじめチェックしておきその値動きに対応した注文をいれておけばトラップリピートイフダンは利益も出しやすいのかなと感じています。

もちろん、何度も言いますがある程度の戦略や作戦は必要ですが、トラップリピートイフダンの機能それ自体は、その可能性があると踏んでいます。

こんな活用方法としても使えるかと考えています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ