FXトレード日記

ディナポリ氏と新スキャル手法開発

更新日:

今日はテクニカルの話やトレードのメモについてはちょっと置いといて、今開発してるスキャル手法について書いてみます。

えっと、その前に、今日の成績だけメモ的に書いておきます。

ドル円 1pips ユーロ円2pips ユーロドル1pips

といったしょぼい成績です。

開発中の新スキャル手法

今開発中のスキャル手法が2つあります。

一つは、平均足をメインに使った手法。

これはまだ開発途中。

で、もう一つあって、それはそろそろ完成するかなといった感じでした・・・。

どんな手法だったのかというと、

T3とEMAを使ってエントリー
ターゲットをRSIの80と20にする
ADXを使ってフィルタリング
(ADXが上昇してればOK 上昇してなければエントリー見送り)

エントリーロジックとしては、もう少し細かい決まりがありますが大体こんな感じ。

で、ポイントはRSIでターゲットを決める点。

これ見てください


チャートはココのMT4⇒FXトレードフィナンシャル

 

RSI Bandsというインジケーターで、RSIのレベルをボリバンのように表示してくれるものです。

さっきの手法は簡単にいうと、RSI Bandsで利食いするってことだったんです。

スポンサーリンク

でね、これ、秘話というか、ちょっと雑記があります。

 

リアルでのトレードも進めていたし、そろそろ公開しようかな~と思っていました。

その時に並行してジョー・ディナポリ氏のDVDとか書籍とかを再度読み漁ってたのですね。そしたらね・・・

私がやりたいことがすべて掲載されてたってワケです。

そこで得たディナポリ氏の手法を5分足に落とし込んで私なりの解釈でトレードしてみたら、まぁ~精度が良いこと。

しかも、私がやりたかったエントリー箇所とほぼ似てる(なんか上から目線な感じの表現ですね・・・)。

 

数か月間、開発に費やしたのは一体なんだったのか、というくらいです(汗

 

ということで、この手法はお蔵入りとなりました。

その代り、ディナポリ氏のインジケーター等を使った手法をこれから再度私の中に落とし込んで、私なりにトレードしてみます。

ちなみに、平均足をメインで使ったトレード手法は開発中なので、時期にアップします。

ディナポリ氏は偉大です。ディナポリ氏の書籍でオススメなのはこれ


ディナポリの秘数フィボナッチ売買法―押し・戻り分析で仕掛けから手仕舞いまでわかる (ウィザードブックシリーズ)

これはマジで読んだほうがいいです

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXトレード日記

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.