MT4(メタトレーダー)関連 RSI

色が変わるRSI(MT4インジケーター)

更新日:

オシレーターは基本的には
買われすぎ・売られすぎを表示するものとして
認知されてますね。

ADXなんかも、オシレーターの中に入るのですが
売られすぎ・買われすぎを表示するというのとはちょっと違いますよね。

そういったオシレーターでいうと
RSI・ストキャスティクス・CCIはやっぱり使えますね^^

工夫次第で色々使えます。

で、今日はコメントでリクエストがあった
数値によって色がかわるRSIをご紹介します。


その前に・・・管理人からのお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックし、
応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^ (全て別窓で開きます)
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


数値によって色が変わるRSIを表示するとこんな感じです

RSI
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

上記のRSIは

期間    13
プライス  オープン
買われすぎ 60
売られすぎ 40

で設定しています。

私はRSIを、
買われすぎレベルなのか?売られすぎレベルなのか?
を判断するために利用してないので

買われすぎ 60 売られすぎ 40 
と設定しています。

通常であれば、
買われすぎ 75  売られすぎ 25 で設定して、

色が変わったらエントリー
色が変わったところでエントリーはしない

などといった使い方になると思います。

私は、RSIが40~60の間をウロウロしているときは

レンジ

又は

スポンサーリンク

ボリバンでいうところのスクイーズ

として考えています。

ですので、先ほどの
買われすぎ 60
売られすぎ 40
で設定してるときの使い方としては

色が変わっているときは、方向性が出た場所
として考えています。

私としては、色が変わってないときに

いかにエントリーできるか?

色が変わった時点ではエントリーしている状態でいよう

ということを意識しています。

RSI
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

でいえば、
白のラインのところでエントリーを模索する
って感じですね。

もちろん、強い動きの時には
色が変わってからでも遅くないですね。

そんな感じで、数値が変わるRSIを使ってます^^

ダウンロードは、こちらのサイトからできますよ
⇒http://fxforex.sakura.ne.jp/metatrader4/mt4_indicators_c/color_rsi_with_allert_mq4.html

MT4搭載業者でオススメなのは

【MT4】FXトレード・フィナンシャル

が妥当かなと思います^^

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-MT4(メタトレーダー)関連, RSI

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.