FX 損切り

トレードの利食い・損切と【勘】

更新日:

スキャルだけじゃなく、デイトレもスイングも
損切と利食いは悩みどころです。

エントリーのルールは決められるけど
利食いと損切についてはなかなかルール化できない
とよく聞きます。

又、利食い・損切についてのご質問は多々いただいております。

その利食いと損切について私なりの考えを書いてみたいと思います。

その前に・・・管理人からのお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックし、
応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^ (全て別窓で開きます)
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


利食いと損切はある種の出口戦略だなと
私は思っています。

どこで入って、どこで出るのか?

私自身は、それを考えながらトレードしてるのですが
やはり人間ですから完璧ではありません。

感情に流され、
出口戦略を考えずにエントリーしてしまうことも多々あります。

そういったときに限って、
損切や早すぎる利食いになってしまうことが多いですね。

逆に、利益が出るトレードは
エントリーの根拠がハッキリしていて、
その利食い・損切の箇所なんかもハッキリしているときがほとんど。

やはり、出口戦略というのはあらかじめ持っておくべきだと
最近痛感しております。

特に損切に関しては、多くの方が悩んでいるようです。

私の損切のルールは

・テクニカル的な損切
・資金的な損切
・勝率との兼ね合いの損切

を考えて損切しています。

利食いに関しては、テクニカル的な理由と
あらかじめ決めておいた値幅で利食いすることが多いですね。

しかし、もう一つありまして、それは・・・勘。

スポンサーリンク

こういったことを書くのは
ある意味ではタブーなのかもしれませんが
長い期間トレードをされてる方なら
この気持ちはわかるんじゃないかなと。

エントリーしても、その後の動きで

「あれ? なんか嫌な感じがするな」

と思うこともあると思うんです。

そういったときは、私は気持ち悪いので
損切のルールを無視して損切、又は、薄利決済することもあります。

出口戦略である【損切・利食いのルール】は必ず持っていたほうがいいです。

書籍等でも損切の仕方で、ルールを守ることは書かれてますね。

でも、経験に裏付けされる【勘】も大切ではないかと思うんです。

もちろん、
常に勘で決済することを推奨してるわけではありません。

頻度でいったら10回に1回くらいでしょう。

でも、その勘も大切にしていくと
もう一つの損切・利食いのルール化がみえてくるのかなと
私は考えています。

上手く伝えられたか、私の考えをかけたかわかりませんし、
何かの参考になったかわかりませんが
こんなことを考えながらトレードしています。

ダラダラと長い記事を書いてしまいました。

ここまで読んでくださってありがとうございます

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m

現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FX 損切り

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.