FXプライム byGMO

FXプライム byGMOの「ぱっと見テクニカル」を活用する

更新日:

トレードってやっぱり相場観が重要だな~と
思うんです、最近。

スキャルやってると
目の前の値動きを注視するので
全体の動きとかそういうのを見失うことがあるんですよね。

それに、2pipsくらいなら取れるだろ
とか考えて無計画なトレードをしちゃう。

もちろんスキャルだから1pipsでも取れればOKなので
それはそれでいいのかもしれませんが
やっぱり勝率を上げるには
値動きの分析ってのも必要なわけです。

そこで、使えるのが「ぱっと見テクニカル」っすね^^
→ FXプライム

当ブログでも過去に毎日「ぱっと見テクニカル」を
使って毎日分析していましたしね^^

で、肝心なのがどうやってスキャルに活用するのか?

まず、オススメは形状比較^^
こんな感じです
ぱっと見テクニカル・形状比較
FXプライム

これを使って、ある程度の値動きの予習をしておけば
イメージがつかみやすい。

例えば、トレードしてて
ちょっと迷っちゃう場面ってあるじゃないですか?

ここでエントリーサインでてるけど
どうなんだろうな~

みたいな。

そういうときにも
ぱっと見テクニカルの形状比較で分析して
一致率が高い場合なんかはエントリーしてみるとかね^^

そんな感じでも使えちゃいます

それと、これが結構オススメなんですが
売買シグナルってのがあるんです。

これは各時間足において
どのくらいの売買シグナルが表示されてるか?を
表示してくれるんです。

こんな感じで
ぱっと見テクニカル・売買シグナル
→ FXプライム

例えば、スキャルやデイトレなら
15分足や10分足にシグナルがたくさんでてる
通貨ペアを選ぶってこともできますよね。

スポンサーリンク

逆に、自分がトレードしてる通貨ペアに
あまりサインが出てなければ、見送ってみるってのもアり^^

例えば、先ほどの画像ですと
買いのほうで
ドル円の10分足でサインが4つもでてました。

なので、ドル円のロングを狙ってみるとか。

逆に、売り側を見てみるとポンド円が3位に位置しています。

シグナルを見てみると
売りのシグナルが15分足~1時間足まで出てるので
売りで入ってみるほうが確率が高そうかな、とかかね^^

それに、シンプルに
売り・買いで1位の通貨ペアを選んでみるとかもあり^^

これ、すごく便利です。

スキャルもデイトレも値動きがハッキリしてる
通貨ペアでトレードするのが一番簡単なんですね。

なので、ぱっと見テクニカルの売買シグナルや
パターン分析を使って、方向性がはっきりしてる
通貨ペアでトレードするようにすると
トレードがしやすいと思います^^

それに負け続けてる方にはうってつけの機能があって
勝ちパターン分析という画期的な機能も搭載です。
FXプライム

ちなみに・・・

以前紹介したマーフィーさんの
「スーパーボリンジャー」や「スパンモデル」
プライムナビゲーターで使えますよ^^

機能満載なので、実際に使ってみるといいですよ^^

ちなみに、FXプライムは雇用統計でも
スプレッドが開かないのでシステムの安心感ありますね^^

スプレッドは完全固定! 

ドル/円 2銭 (キャンペーンで現在1銭
ユーロ/円 3銭 ポンド/円 4銭
豪ドル/円 3銭 ユーロ/ドル 2pips

1000通貨からトレードできるので
まずは使ってみる事をオススメします。

→ FXプライム

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXプライム byGMO

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.