外為オンライン

外為オンラインのオフセット注文が話題に

更新日:

前々回の記事でこんな記事を書きました

外為オンラインにオフセット注文が登場

このオフセット注文ですが
すでにトレーダーの間で話題になっているみたいです。

FX業界的に話題になっているようですね。

さて、そのオフセット注文ですが
デモ口座で先行リリースされています。

外為オンラインのオフセット注文とは?

オフセット注文はちょっとわかりにくいのですが
注文画面のこちらにチェックを入れます

オフセット1
外為オンライン

で、1ロットでトレードするとして
現在の手数料は一週間での手数料が9510円となっています。
オフセット2
外為オンライン

一か月ものになると、売りが16220円 買いが16230円。
オフセット3
外為オンライン

仮に、99.20円でロングをし
一週間モノでオフセット注文をしたとします。

9510円は手数料で支払っているので

99.20円 + 95.1pips = 100.151円

になれば手数料をペイできることになります。

で、100.151円より上昇すればその分が利益になります。

つまり、100.50円になれば、34.9pipsのプラス。

逆に、逆方向になってしまったとします。

仮に決済期限の日に98円になってしまっていたとしましょう。

この場合、通常のトレードで1ロットでトレードした場合、

99.20円 - 98円 = 1円20銭

となり、1万2000円の損失ですが
オフセット注文の場合、手数料以上の損失にはならないので
1万2000円の損失にはならずに手数料の9510円だけの損失になります

スポンサーリンク

これでなんとなくわかりますでしょうか?

前回のこの記事

外為オンラインにオフセット注文が登場

でも書いたように、予め支払った手数料以上の損失は出ないのです。

しかも、オフセット注文は両建てが可能。

こうなると、今現時点で考えられる戦略としては
雇用統計のような大きな指標ですね

例えば、雇用統計発表前がドル円99円だったとします。

オフセット注文の手数料が1万円だったとして、
買いでオフセット注文をしたとします。

で、99円だったレートが指標発表後に100.50銭に上昇したとします。

この場合、手数料1万円を支払っているので損益分岐点のレートは100.00円となりますね。

つまり、50銭はプラス。

仮に、雇用統計発表後に99円だったレートが98.50円まで下がったとします。

この場合、損失は通常でしたら1万5000円ですが
手数料の1万円のみで済みます。

このように、大きな指標が発表されるときに利用すれば
損失を軽減してトレードができるということになります。

オフセット注文は9月末にスタートするようです。

まだ本格スタートしていないので攻略法などがハッキリとは
していませんが、
リスクをかなり軽減できる攻略法が出てくれば
相当盛り上がると思いますし、利益を追求でいると思います。

今のうちに口座を持っておくべきではないでしょうか?

口座開設は⇒外為オンライン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-外為オンライン
-

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.