期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

ボラティリティと平均足の深い関係

ボラティリティって

小さすぎるとトレードしにくくなり

大きすぎるとリスクが大きくなる

といった感じ。

ただ、このボラティリティっていうのは
勝率の高いトレードをするうえで重要なポイントになると思います。

そこで、ボラティリティと平均足の関係について書いてみます。


その前に・・・管理人からのお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックし、
応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^ (全て別窓で開きます)
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


FXで勝率の高いトレードをする場合、
ボラティリティがあるか?ないか?は重要です。

ただし、どのような状況でボラティリティが高いのか?が
鍵になるかと思います。

例えば、この記事を書いている
3月22日のユーロドルを見てみます。

ユーロドル
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

上記チャートは3月22日のユーロドル5分足の平均足です。

表示させてるシグナルは全スタFXFXバックドラフトです。

そういえば、ゆるスキャDXが再販していますね。

買いそびれた人は今のうちにどうぞ^^

話を戻します。

で、向かって左の縦長の丸と
向かって右の小さめの丸をご覧ください。

左は方向性がある状態でボラがありますが
右は方向性がない状態でボラがあります。

スポンサーリンク

右のボラの状態をどう判断してるかというとヒゲです。

でね、どう考えても向かって左の状態のほうが
勝率は高くなりますよね。

方向性は出てるし、約30分で約60pips動いているので
こういう状態はウハウハです。

一方、右の状態はというと
30分で約30pipsの値動きが2回ほどありました。

両方ともそれなりにボラがありますね。

さて、これがどう平均足と関係するのか?

ローソク足と平均足、
両者のヒゲの扱いはちょっとだけ違います。

ローソク足の場合、最安値と最高値をヒゲで表現します。

平均足も上下にヒゲが出てるときは
最安値と最高値をそのヒゲで表現しますね。

しかし、平均足の場合
一方方向にだけヒゲが出てる場合は
最安値か最高値を表示しています。

例えば、平均足の陽線で
上ヒゲが出ていれば、その先端が最高値です。

うん、ダラダラ説明してもしょうがないな。
シンプルに書きます。

ローソク足の場合、上下のヒゲを見るだけでは
ボラというのは見て取ることができません

平均足の場合、ヒゲの状態を見れば
トレードしやすいボラなのかどうか?を見て取ることができます。

ちょっとわかりにくいですよね。

これ以上書くと、相変わらず長くなるので
次回に持ち越しします。

応援してもらえると、気合入れて書きます^^
いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク

2 Responses to “ボラティリティと平均足の深い関係”

  1. とく より:

    SECRET: 0
    PASS: d9b1d7db4cd6e70935368a1efb10e377
    いつも楽しく拝読させていただいております。

    ちょっと質問させてください。

    結局こういうトレンド系のお話って、終わってみたら、じゃないのでしょうか?

    ボラティリティが大きくなりはじめた、なった、はライブで進行中の時、どの足で考えるのでしょうか?

    左のほうでも下ひげの長い赤い足がありますが、結局チャートが完成しているから丸印を付けて解説されていないのではないのですか?

  2. かずエモン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    とく様

    コメントありがとうございます^^

    今回の記事については
    一つの例としてチャートをあげさせてもらいました。

    なので、とくさんがおっしゃるように後付けの解説になってしまいます。

    説明があまり上手でないので、
    今後もこういった形で紹介することもあると思いますが
    今後も読んでくださるとうれしいです^^

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Facebookやってます

Twitterやってます

このページの先頭へ