スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

ドル円105円台を予測?週足でヘッド・アンド・ショルダーが完成していた件

前回の記事で、ファンダメンタルズ分析が弱い私がファンダメンタルズ分析を若干取り入れたうえでのドル円の分析をした結果を書いてみました。

すごく簡単にまとめると、現在は下落してるけど個人的には「ドル円をロングで持ってみたい」という気持ちがあるってことですね。

でもコレ、実はまだ実行できてません。

というのも、一つ引っかかることがあるのです。

ドル円のヘッド・アンド・ショルダー

まずはコチラをご覧ください。

ヘッド・アンド・ショルダー ターゲット
※チャートはFXトレード・フィナンシャルのMT4

ドル円の週足です。
ヘッド・アンド・ショルダー ターゲット
これ、ヘッド・アンド・ショルダーになってるんですよね。

ヘッド・アンド・ショルダーは値幅によるターゲット予測もできるのが特徴的で、高値からネックラインまでの値幅と同じ値幅をネックラインから当てはめた所がターゲットになります。

2016-06-08 17-21-30
※チャートはFXトレード・フィナンシャルのMT4

上記チャートでいうと、Aの箇所となります。

つまり、先日の雇用統計とその前日までの下げで、ヘッド・アンド・ショルダーの一番初めのターゲットはクリアしてるってことなんです。

結果的に、ドル円の週足でヘッド・アンド・ショルダーが完成していたという事にもなるわけです。

105円台を2月に予測していた人

ちなみに、この状態を2月の段階で予測していた人がいます。

スポンサーリンク

その人が西原さん。「西原宏一のシンプルFXトレード」で有名ですね。

参考:西原宏一【シンプルFXトレード】の口コミ

西原さんはすでに2月の段階でヘッド・アンド・ショルダーが完成し、105円まで下落する可能性があると予測されています。

結果的に、時間はかかりましたが105円台まで下落しましたので予測が成立しております。やはりこういった分析のプロというのはすごいですね。

西原さんの予測や「西原宏一のシンプルFXトレード」に定評があるのも頷けます。

ドル円は下落していくのか?

ヘッド・アンド・ショルダーが成立し、そのターゲットまで下げたことから、一旦は下げ止まったようにも思えます。

がしかし、ヘッド・アンド・ショルダーが成立すると、大きな流れで見た場合トレンドが発生することがあります。

つまり、これまでの円安基調がヘッド・アンド・ショルダーが成立したことで一旦終焉し、新たなトレンド(上昇だったのが下落)になることもあります。

いきなり一気に100円台まで突入する下落トレンドに入るとは思えませんが、これまでのような上昇一辺倒な動きにはなりにくいのかなともいえますね。

ヘッド・アンド・ショルダーが成立したことで、新たな動きになることは確かです。

前回、ドル円を長期で買いたいと書きましたが、ちょっと躊躇してるのがこれらの要因があるからです。

こう考えると、スキャルはトレードスタイルとしては良いのかもしれませんね(^^

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

注目の新FXの業者【LIGHT FX】

最近の投稿

このページの先頭へ