スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

ドル円107円台に突入!下落の裏側には何が?

ドル円が久しぶりに107円台に突入しました。

あれだけ固かった108円半ばが嘘だったように抜けてますね。

何度も下抜けしなかったのに、あっさり下抜け。しかも、東京タイムで。

個人的には上昇相場よりも下落相場のほうが好きなので、下落は問題ないのですが、今回の下落はなんだか不気味というか、変な感じすらあります。

今回の記事は今日の下落とトレードプランについて。

107円台に突入

本日9月8日の東京タイムで107円台に突入しました。

今回の下落の主な原因と言われているのは、やはり北朝鮮の問題です。

9月9日に何かしらの軍事的なアピールを行うのではないかと言われていて、現段階ではミサイル発射だと予想されていますね。

先日のように朝からあの音を聞くのかと思うと・・・気が引けますね。

もちろんミサイルが発射されないのが一番ですが、9月9日は重要な日みたいですし、もし仮にミサイルが発射されたとしたら、そのミサイルが日本やアメリカにとっての脅威となるミサイルであれば、アメリカとの軍事衝突は避けられないと見られているわけです。

とにかく、9月9日の土曜日に軍事的な何かが行われた時のための円買い(下落)といった感じでしょうか。

有事の円買い

ただ、これまでもこういった「◯月◯日に北朝鮮が実験を行うだろう」という予測はあったんですね。

しかし、そのたびに今回のような下落(底堅いと思われていた価格を抜けるなど)があったことは、決して多くなかったと記憶しています。

有事の円買いが行われるのは一般的ではありますが、今回はちょっと反応がしっかりと出過ぎてるかなという印象があります。

ということは、もし仮に今回の円高が北朝鮮のリスクという点が大きく影響しているのであれば、有事までは行かないとしても何かしら市場にインパクトを与えるような出来事が発生すると見ている人が多いということではないかと思うのです。

スポンサーリンク

アメリカの債務不履行

あれだけ底堅かった価格帯が下抜けされちゃうと、ちょっと他のことを考えたくもなるんですよね。

確かに、アメリカの債務の問題もまだ完璧に片付いているわけではありません。

6日に借金の上限を12月中旬まで引き上げる事で議会側と合意したというニュースを見ました。

とりあえず債務不履行(デフォルト)は避けられた様子ではありますが、コレに対する市場の反応が大きくないという見方もあるそうです。

つまり、予想よりも上がらなかったということですね。

それを踏まえたとしても、今回の下落はあっさりと下抜けちゃったので、個人的には注意したいなというのが現状の相場観です。

トレードプラン

では、それらを踏まえてどうトレードしていくのか?

本日金曜日はもちろんショート狙いのトレードを行います。

金曜日なので深夜まではトレードしないと思いますが、スキャルでショート狙いが基本路線。

ドル円で中期的なポジションは持ちません。

なにかしらの考えがあり、日をまたぐポジションを最近は持つことが多くなりましたが、今日に限っては日をまたぐポジションは=土日を挟むポジションになるので、リスク回避という意味でも日をまたぐポジションは持ちません。

リバウンド狙いのロングというのも、しないと思います。

基本はショートでスキャル

これが本日のロンドン・ニューヨークタイムのトレードプランになります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

注目の新FXの業者【LIGHT FX】

最近の投稿

このページの先頭へ