期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

スキャルに適した状況を見つけよう

今日はロンドンタイムから
ユーロドルがわかりやすく下げてましたね。

私は・・・22時からトレードしたので
その状況ではトレードできませんでした(汗

それでも、11pipsは取れてるのでヨシとしましょう^^

ちなみに、6pipsと5pipsの2回の合計で11pipsです。

さて、今日はご質問をいただきましたので
それにお答えしようと思います^^


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけると喜んであんな事も書きます
注)全て別窓で開きます^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 超下落中(涙
⇒ FX人気ブログランキング めざせ50位以内!
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!

アイネットFX ←一目均衡表の研究・プレゼント
ユニマット証券←デイトレ手法レポート
FXブロードネット ←レポートプレゼント中


 

ご質問の内容は


・エントリーすると反対方向に動いてしまう
・次の波に乗ろうとしてエントリーしたらすぐに波が終わってしまう

という内容でした。

ご質問ありがとうございます^^

で、私なりに答えてみますね。

スキャルで気をつけないといけないのは
スキャルに適した状況かどうか?を判断することだと思うんです。

スポンサーリンク

つまり、チャート分析、ですね。


現在、どういった場所にローソク足があるのか?

そして、この位置だとどういう動きになる傾向があるのか?

さらに、リスクはどういったリスクが考えられるだろうか?

そういったことをある程度は理解しておくと
スキャルの戦略が立てやすいと思うんですね。

でね、
エントリーしたらすぐに反対方向に動いてしまうってのは
状況の把握ができて無いんだと思うんです。

少なくとも、自分はそうでした。

私はまだ下げるだろうと思い込んで
追っかけてショートしてしまうと、
そのエントリー位置が短期的な底になったりね。。。

で、仕方ないから損切りして様子見てると
さっきエントリーした箇所を抜けたり。。。

まあ結局、状況把握が出来てなかったわけです。

じゃあ、実際にどこがエントリーしやすくて
どこがエントリーしにくいところなのか?

それは、経験が必要だとは思いますが
テクニカルを利用して、ある程度の状況把握は
できると思うんです。

例えば、移動平均乖離率 や RSI や DMI で可能かと。

分かりやすいのは、移動平均乖離率かな

移動平均乖離率
移動平均乖離率搭載チャート→FXブロードネット

移動平均乖離率は、移動平均線との乖離を表したテクニカル。
参照→乖離率とエンベロープの活用方法
参照→移動平均乖離率の特徴を逆手に取る

簡単に言えば、移動平均線から一定のレベルを乖離したら
移動平均線に戻りますよ~ってことですよね^^

なので、逆に言えば、
一定のレベルを乖離したら反発するのだから
一定のレベルになったらエントリーしないほうが安全
ってなりますよね^^

先ほどの画像を見てみましょう

移動平均乖離率
チャート→FXブロードネット

黄色の四角で囲ったところは追っかけたくなる場所ですよね。

でも、その後の動きを見ると反発してるんです。

ここでエントリーしちゃうと無駄な損切りをしてしまう可能性があります。

そこで、乖離率を見てください。

その箇所に相当する乖離率は-0.5以下の場所にありますよね。

(移動平均線を20としたものを表示しております
乖離率は移動平均線によって違うので-0.5というのは
参考にする程度にしてください)

つまり、この状況下においては
-0.5以下ではエントリーをしないようにすれば
反発を食らわずに済みます。

逆に言えば、-0.5以内でエントリーするような
手法を考案すれば、安全にエントリーができる可能性が
高くなるわけです。

こうやって移動平均乖離率を使って状況を判断して、
エントリーを精査していくと
頂いたご質問をクリアできていくのではないかと思います^^

RSIやDMIについてはリクエストがあれば後日書きますね^^

手法公開のモチベーションになりますので応援クリックお願いします!
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最近、ちょっと寂しいです(涙

期間限定企画】

FXブロードネット
 → エントリーしてはいけない箇所を見つける方法レポートプレゼント
 このことを知ってからトレードをしていれば、
 もっと早く勝てるようになったのになぁ・・・と思ったことを書いております。
  
アイネットFX
 → 書籍【一目均衡表の研究】をプレゼント!一目均衡表をマスターしよう!

三田証券
 → 私が実践中のデイトレ手法レポートをプレゼント
   シンプルで損切りが小さいルールです。

サクソバンク
 
 → 「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版有料会員コンテンツ」を
  6ヶ月分無料でプレゼント(約10,000円相当!!)詳しくは↓のバナーを
  クリック

アイネットFX

[ドル円] ブログ村キーワード
[スキャルピング] ブログ村キーワード

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


カテゴリー

このページの先頭へ