期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

FXの相場観・値ごろ感を無くす

昨日は、NY・ロンドンともに休場ということで
あまり動きませんでしたが、23時頃にドル円が下落しましたね。

今日はNY・ロンドンが実質週明けとなるので
今週の値動きがある程度見えてくるのではないかという
見方が出ているようです。

ある程度のそういった情報は必要ですが
あまりとらわれすぎずにトレードしていきましょう^^

今日は相場観とか、値ごろ感などについて書いてみます。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけると喜んであんな事も書きます
⇒ FX スキャルピング派ランキング ←スキャル派1位を目指してます!
⇒ FX人気ブログランキング めざせ50位以内!
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

相場観

これは簡単に言えば、現在どちらのチカラが強いとか
どの地点に行ったら反発するとか
まあそういったチャートの動きというか
値動きの状況を大きなわくで捉えるってことかな。

各社そういったFXの情報を
ニュースなどとして配信していますよね。

私自身もそういった情報を結構読みますが
参考程度にするくらいで実際のエントリーには
あまり使わないですね。

使うときは、利食いの目安というか
どの程度深追いしていいのか?などの参考にしています

一部をスキャルで利食いして、
少し残して深めに利食いしにいっていいものか?

素早く全て決済なのか?

そのあたりの判断に使う程度かな。

あとはオーダー状況
オーダー状況はFXブロードネットのニュースでドル円ユーロドルはわかります

スポンサーリンク

オプションなどがどの位置にあるという情報は
結構見ています。

でもね、
そういった相場観ってある意味では予想みたいになるので
全部を信じちゃいけないと思うんですね、
特にスキャル

スキャルは値動きのなかの小さな値幅を取りに行くので
極端なことをいえば、
一般的な相場観とは反対方向でも取れちゃうんですよね。

なので、あまり相場観を持たずに
その場の勢いに乗るべきかなと。

逆に相場観を持つとエントリーが遅れたりするので
我々レベルの相場観は持たないほうがいいかもしれない

値ごろ感も同じかな。

まあ、我々レベルが相場観を持ったところで
どうしようもないかなって。

あ・でもね、
情報を読まないほうがいいよってことじゃなくて
我々個人が相場観を自分で考えないほうがいいよってこと^^

情報は必要なので信頼できる情報源を用意して
それをまとめておくといいと思います^^

今週はどちらの方向にバイアスがかかるのか?

今日からって感じですね^^

実質今日が週明け。

FXができる環境に感謝しつつ
金曜日までがんばって儲けちゃいましょう^^

ヨシ!自分で勝手に相場観を持たず
信頼できる情報を自分なりにまとめていこう!と
思った方はクリックお願いします^^
FX スキャルピング派ランキング

現在、私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。

レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^

私自身が
FXを始めた当時に知っておきたかった情報です。

詳しくはこちら

スプレッドはドル円0.5銭で安定しています
FXブロードネット


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


カテゴリー

このページの先頭へ