期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

【ドル円】2018年4月の値動き予測をしてみた結果

2018年も4月に入りましたね。

新年度ということで、気持ちも新たにトレードしていきたいなと思っております。

相変わらずトレードスタイルはスキャルとデイトレですが、臨機応変にトレードしていきたいなと。

というのも、104円台に入って下落トレンドが一服してから、相場が難しくなっているので、ある程度の時間と日数を考慮してポジションを持ったほうが結果的に値幅が得られるように感じているからです。

スキャル・デイトレにこだわらずに臨機応変にトレードしていきたいなと。

さて、今回は4月に入ったということで、4月の値動き予測などをしてみたいなと思います。

3月までの値動き振り返り

3月は104円台に突入するなど、下落一辺倒の月でした。

ちなみに、下落の予測をしておりました。
ドル円が下落?フィボナッチファンと一目均衡表を使ったチャート分析

 

3月が終わってみれば、2017年12月の113円台がスタートとなり3月末に104円台を付けたことで、下落トレンドがいったん終わったのかなという印象があります

相場を動かしている勢力がいるとすれば、3月末までの下落で想定していたチャートが完成したのかなと妄想しております。

よって、3月末で一度下落が落ち着いたのではないかと。

だからといって、4月から上昇に転じるかというと、そうでもなさそうです。

フィボナッチリトレースメントをチェックしてみる

まずはフィボナッチリトレースメントをチェックしてみましょう。

※チャートはFXTFのMT4

 

113円台後半の高値を頂点とし、先日の104円台までを結んでみました。

先日の上昇は23.6%で頭を押さえられた格好となります。


ちなみに、2017年11月の高値114円台を頂点とすると、ぴったり23.6%になります。

ちょっと脱線しますが、なぜ114円台を頂点としなかったのかというと、日足で見たときに2017年の11月後半の111円台の安値が影響しています。
この安値から113円台まで上昇するのですが、この時に安値が切りあがってしまっているのです。

私はフィボナッチリトレースメントを引くときはなるべくダウ理論を意識して、始点と終点を決めているので、2017年11月前半につけた114円台の高値を始点としなかったわけです。

週足で見ると先ほどの箇所はダウ理論でも問題なくなっているのですが、今回は日足で解説したかったので、114円台の高値を始点としませんでした。

この辺りは次回詳しく書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

話を戻します。

 

約23.6%付近で頭を押さえられた形になったのと、一目均衡表の基準線と転換線を超えてその間で推移しています。

これはどういうことかというと、38.2%まで戻す勢いがないが、新たに下落するほどの勢いもないという判断をしていいかと思います。

つまり、現状を見る限りでは、4月はヨコヨコかなと。

フィボナッチファンをチェックしてみる

次にチェックしたいのは、フィボナッチファン

これはフィボナッチを利用してトレンドラインのようなラインを引けるツールなのですが、これがまた機能します。

フィボナッチファンを引いたのがこちらです。

※チャートはFXTFのMT4

見事に一目均衡表の雲と位置関係が一致しています。

ということは、この雲がある箇所とフィボナッチりファンが引いてある個所は、かなり強固なゾーンと判断していいかと。

もし仮のここを突破するのであれば、相当の勢いがないと突破できないと予測します。

このことからも、4月で上昇に転じる可能性は薄いと思います。

4月は上昇する可能性はないのか?

相場は生き物なので、絶対はあり得ません。

なにか強い要因があったり、チャートを作っている勢力が再度上昇させたいという思惑に変われば、おそらく上昇するでしょう。

ただ、テクニカル分析だけでみると、4月が上昇に転じる可能性は低いかと思います。

おそらく雲を薄くする値動きになるのではないかと。

この状況から雲を薄くするには、ヨコヨコ → 上昇 → 下落 → ヨコヨコ の繰り返しになると思います。

ですので、4月はそんな動きになるのではないでしょうか?

4月の値動き予測まとめ

4月2日、現段階の予測としては

・4月はヨコヨコ(レンジ&小動き)
・突発的な上昇は何回かあるはず
・いきなり上昇トレンドができることは少ない
・どちらかといえば下落の可能性のほうが高いが、
再度下落トレンドが始まるまでの勢いはないと思われる

という感じです。

では、どういった戦略をもってトレードしていくのか?

次回の記事で書いてみますね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ