期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

イギリスのEU離脱による影響で荒い値動きのドル円をどうトレードするか?

イギリスのEU離脱から数日が経過しましたね。

EU離脱が決まりそうな時間帯からドル円が100円を下抜けるという状態になったり、主役のポンドはポンド円で25円以上の下落をしたり、為替に与える影響は相当なものがありました。

ポンド円で2円じゃないですからね、25円以上の下落です。こんな感じの下落値幅は一年に一度も見られない値幅です。

いくらボラが高いポンドとはいえ、あり得ない下落値幅です。

イギリスのEU離脱問題はまだ尾を引いており、ドル円も荒目の値動きになっております。

さて、そんなFX相場ですが、現状でドル円をどのようにトレードしていくべきか?

私なりに考えていることを書いてみたいなと思います。

ドル円も荒れてる

イギリスのEU離脱が決定してか一週間が経過したわけですが、未だに荒い値動きというか、ヒゲが連発するような値動きになっています。

ボラ自体は落ち着いてきた感じに思えますが、長いヒゲが連発するような相場になっているので、トレードし易いかと言われるとし難い相場になっていると思います。

2016-07-01 18-29-30

ヒゲが連発してる時の特徴

ローソク足を利用してるとわかりますが、ヒゲが連発してる状態というのは、上がっても急激に下がり下がっても一気に戻すという状態が続いているという状態になっています。

実体に対してヒゲが長いので、「これだけ戻すってことは上昇するのかな?」と思ったり、「一気に下げたから下げ始めるかな?」という心理になりがちです。

通常の落ち着いた相場の場合、ローソク足を利用した上記のような予測が機能したりするのですが、現状だと、「一気に下げたから下げ始めると思ったら、一気に上昇かよ!」という感じで、ローソク足の形からの分析が機能しない事が多くなります。

そうするとドツボにハマってしまい、

スポンサーリンク
  • 買ったら下がり損切りしたら上昇する
  • 売ったら上がり損切りしたら下落する
  • 損切りしないで様子を見ようと思ったら反対方向に伸びていく

という状態になりがちです。

え?なんで分かるかって?

過去に散々こういった経験をしてるからです。高い勉強代を支払ったということですね。

では、トレードプランについて話を戻します。

トレードプラン

では、こういった状態でどのようにトレードしていくのか?

幾つかのプランを考えたのですが、大きくワケて2つのプランを考えて実行しています。

1:ローソク足を使わない

ローソク足のヒゲが連発してるときは、そのヒゲを深読みしたり、ヒゲが出てる値動きに翻弄されてしまいがちです

こういうときは、思い切ってローソク足を見るのをやめてしまえばいいのです

スキャルでローソク足を使わないトレード手法といえばやはり4DFX

4DFXは練行足を使ったトレード手法&インジケーターなので、ローソク足を見ないで済みます。

その上、スキャルのシグナルになるのでポジションを持つ時間もなるべく短くできるのが良いですね

現状だと、なるべくポジションを持つ時間を短くしておいたほうが何かとリスクを軽減できます。

スキャルでローソク足を見ないとなれば、やはり4DFXでトレードすべきだなと思い、現在実践しています。

2:流れに乗るだけにして細かくトレードしない

次に考えたいのが、流れに乗るだけというトレード手法

つまり、順張りです。

順張りで流れに乗るシグナル&トレード手法といえば、ドラゴン・ストラテジーFXですね。

ドラゴン・ストラテジーFXはマジで買っておいたほうがいいですよ。ていうか、マジで買ってください。

後日記事にしますが、ドラゴン・ストラテジーFXはイギリスのEU離脱のときもかなりの値幅で勝ってます

ですので、ドラゴン・ストラテジーFXはマジで買ってください。

ハナシを戻すと、ドラストFXはいわゆる押し目・戻り目からのエントリーを行える唯一のシグナル(インジケーター)なので、現在の状況には適しています。

細かくトレードしようとするとドツボにハマりやすい状況なので、流れに乗るだけのトレードをしたほうが結果的に利益を残せます。

細かくトレードして、損切りを何回も繰り返すのであれば、流れに乗って高い勝率を出したほうが良いです。

そうなるとやはりドラゴン・ストラテジーFXになります。

まとめ

現状のドル円だと

  • ローソク足をなるべく使わない(平均足・練行足を利用する)
  • エントリーと決済を何度も繰り返すようなトレードをしない
  • エントリー回数を減らす
  • ポジションを保有してる時間を減らす
  • 細かい値動きに翻弄されないトレード手法でトレードする

という感じになります。

私自身は、4DFXドラゴン・ストラテジーFXのシグナルを完全に頼ってトレードしています。

今月7月の雇用統計がどうなるかで相場が変化するかと思いますが、しばらくはこのような感じでトレードをしていこうと思っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ


FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!

Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ