期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

【MT4】ハイロー・アクティベーター(HLactivator)でドンピシャ決済する方法

ハイロー・アクティベーター(HLactivator)をご存知ですか?

知る人ぞ知るインジケーターなんですが、コレがかなり使えます。

私自身、このインジケーターを頻繁に利用していますし、助けられたこともあります。

今回はこのハイローアクティベーターについてです。

ハイローアクティベーターとは?

ハイローアクティベーターとは一体どんなインジケーターなのか?

このような表示になります

ハイロー・アクティベーター


移動平均線系のテクニカルになりまして、ベースは移動平均線を利用しているテクニカルとなります。

ハイロー・アクティベーターは表示してる時間足の実体の3期間の高値移動平均線と安値移動平均線を表示します。

仮に15分足を表示していたとしたら、15分足三本分の高値移動平均線と安値移動平均線となり、1時間足を表示していたら1時間足の3本文の高値移動平均線と安値移動平均線となるということです。

ハイロー・アクティベーターの上にローソク足が位置していれば、ハイローアクティベーターは安値移動平均線を表示し、ハイロー・アクティベーターの下にローソク足が位置していれば高値移動へ金銭を表示するというものです。

普通の移動平均線でも安値移動平均線と高値移動平均線を表示することは可能ですが、レートがラインよりも上か?下か?で表示を切り替えることはできません。

ハイロー・アクティベーターは表示を切り替えることができるので、非常に重宝します。

ハイロー・アクティベーターを知らなかったときは、なんとかして、安値移動平均線と高値移動平均線を交互に表示できないものかと悩みに悩んでいた次期がありました・・・。

スポンサーリンク

ハイロー・アクティベーターでそれが解決できると知ったときは、かなり感動モノでした。

ハイロー・アクティベーターの使い方

ハイロー・アクティベーターの一般的な使い方としては、決済に使うことが多いです。

  • ロングでエントリーしていたとしたら、ハイロー・アクティベーターのラインを下抜けた時点で決済する
  • ショートでエントリーしていたとしたら、ハイロー・アクティベーターのラインを上抜けた時点で決済をする

ハイロー・アクティベーター決済


といったカタチです。

私自身もハイロー・アクティベーターに関しては決済のときの目安にすることが多いです。

以前、ハイロー・アクティベーターの決済ルールで助けられたこともありますので。

助けられたというのはどういうことかというと、ある時にポンド円をロングしていたんです。

「そろそろ決済だな。でも、あと少しで200pips超えになるから、もうちょっと待ちたいな」

「あ~ハイロー・アクティベーターが決済シグナル出してるなぁ・・・決済したほうがいいかな」

「いや、もう少し待ってみて・・・いや!ここはハイロー・アクティベーターを信じて決済だ!」

と言った感じで決済した数分後にトータルで300pipsの下落が発生しました。

この時に決済をしてなければ200pipsのプラスがなくなり、マイナス100pipsになる所だったのです

ハイロー・アクティベーターに助けられと言っても過言ではありません。

ハイロー・アクティベーターのカスタマイズ

ハイロー・アクティベーターをカスタマイズするとしたら、期間くらいでしょう。

基本は3期間なんですが、早めの決済が良ければ2にすればいいし、もう少し待ちたいようであれば4とか5とかにしてもいいかなと。

ただし、酒田五法の中にも、3本というのがキーワードになっているケースがありますし、平均足に至っては過去3本の足を利用して表示しているので、3という数字は替えなくても良いかなと思います。

エントリーでハイロー・アクティベーターを利用するのであればパラメーターは変えてもいいと思いますが、決済で使うのであればハイロー・アクティベーターのパラメーターは替えなくても良いと思います。

ハイロー・アクティベーターをエントリーで使う方法

ハイロー・アクティベーターは非常に優秀なので使い方しだいではエントリーにも使えます。

使い方は簡単でハイロー・アクティベーターのラインを上抜けたらロング、下抜けたらショート、これだけです。

ある程度のフィルタリングは必要になりますが、ハイロー・アクティベーターのラインを利用したエントリーということであれば、先程のルールになるかと思います・

あとはいかにしてフィルタリングを行い、「ロングのシグナルが出たが、この局面では下げ相場なので戻りになりそうだ。なので、今回は見送ろう」といった判断ができるようなフィルタリングを行うと良いと思います。

ハイロー・アクティベーターの入手先

ハイロー・アクティベーターですが、良いモノがなかなかネットにありません。

実はFXTFできちんとしたハイロー・アクティベーターのインジケーターを口座を開設してる人向けに提供しています

オリジナル・インジケーターとして配布していますので、ぜひとも利用してください。

海外のフォーラムとか見ましたが、FXTFが配布してるハイロー・アクティベーターが一番軽くて良かったです

FXTFのオリジナル・インジケーターは他にもありますが、ハイロー・アクティベーターはかなり優秀なインジケーターだと思います。

ハイロー・アクティベーターを利用したい方は、FXTFのマイページにログインしてダウンロードするか、MT4を再インストールしてみましょう。

デフォルトで使えるようになっているのはめちゃくちゃサービス良いですよね・

ハイロー・アクティベーターはかなり使えるので是非使ってみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ


FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!

ビットコインならJ-BITS

200x200
ビットコインならJBITSがオススメです。先駆者利益を出すには、今すぐ取り組むべき。私も取り組んでいます。

Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ