期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

フラッシュゾーンFXでポンド円200pips越え!

フラッシュゾーンFX、使ってますか?

私はかなり使ってますよぉ~♪

現在、ドラゴンストラテジーFXとフラッシュゾーンFXが絶好調なので自分の手法を差し置いてこの二つを中心にトレードしています。

思わずガッツポーズしちゃったのが、

ドラゴンストラテジーFXでショートエントリーをし、
フラッシュゾーンFXのエントリー箇所に到達した時点で決済し
ドテンでロング

が成功したことです。

これにはかなり興奮しました^^

さて、フラッシュゾーンFXですが先週の金曜日に200pips越えしたのでそのトレードをメモ的に記録しておこうと思います。

ご覧になってみてください。




フラッシュゾーンFXで200pips越え

百聞は一見に如かずということで、まずはチャートをご覧ください。

SnapCrab_15-9-28_22-45-49_No-00

チャートはここのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル







これが200pips越えしたトレードです。

フラッシュゾーンFXの手法を利用し、フラッシュゾーンでエントリーを行いました。

で、順調に上昇。

スポンサーリンク

やっぱりフラッシュゾーンFXの手法良いです。
私にはとても合ってます。

順調に上昇していたので少し待とうと思いましたが、自分の分析による節目に到達したのでフラッシュゾーンFXの決済ルールとはちょっと違いますが早めに決済。

200pips越えしてたので十分かなという考えもありましたし日足を見ると下落が強いのとドル円の下落もきつかったので決済を決断したという経緯。

でも、200pipsですからね。

普段のスキャルではなかなか獲得できない値幅です。

フラッシュゾーンFXのサポートサイトでも説明していますが、時間足を上げれば取れる値幅も多くなるし、時間足を下げれば取れる値幅が小さくけどチャンスは多くなります。

今回は4時間足でトレードしましたので途中決済でも200pisp越えということですね。

ちなみに通貨ペアはポンド円です。



フラッシュゾーンFXに特典付けます

私としましてもフラッシュゾーンFXはかなり良い評価をしてるので多く迷えるトレーダーに手にしてもらいたいなと思います。

特にプライスアクションによるトレードを実現したい方や矢印などのシグナルが合わない方には最適だと思います。

そこでわずかながらですが特典を付けることにしました。

フラッシュゾーンFXもフィボナッチを利用するので
特典もフィボナッチがらみのレポートにしました。

特典レポート「フィボナッチ数の活用と優位性」です。

内容はとてもシンプル。

テクニカル分析を行ってる&始めたいという方におすすめです。



フラッシュゾーンFXを購入後、インフォトップの購入者ページの特典の箇所からダウンロードしていただければ購入後すぐに見れますので参考にしていただければと。

リアルトレードが可能なMT4が必要

フラッシュゾーンFXはMT4を使うことになるのでMT4が必須です。

どうせなら、スプレッドが狭いMT4を提供してるFXTFで口座開設しましょう。

当ブログ限定のキャッシュバックもあるのでほかの人よりお得ですよ。

468x60
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ


FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!

Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ