期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

フィボナッチリトレースメントのブレイクアウト手法は地味だけど結果は派手

ドル円がすごいことになってますね。

数カ月前までの円安基調がどこへやら・・・、現在は円高貴重になっていますね。

このままで行けば、100円割れは時間の問題かなと。

まぁさすがに80円台とかにはならないと思いますが、2016年内にどこまで円高が進むのかが気になる所です。

さて、先日から続いているドル円の下落トレンドですが、フィボナッチリトレースメントがかなり機能していますので、それを踏まえつつ、ブレイクアウト手法についても書いてみたいと思いま

ドル円の下落

ドル円が下落しています。

120円台で推移してたのが去年2015年の夏だったので、約1年間で20円以上の下落になっていることになります。

週足でのヘッド・アンド・ショルダーが2016年の2月あたりに成立したのもありますし、ファンダメンタルズ的な部分においても下落要因が続き、現在の100円を目の前にした状態になっています。

このままで行けば、100円割れは現実的かなと思いますし、政府の介入のタイミングも気にすべき点かなと。

それくらいの下落なわけです。

フィボナッチリトレースが機能してる

そんなドル円ですが、テクニカル的に見ると、フィボナッチリトレースメントが非常に機能しています

特に直近のドル円でみると、2016年6月につけた安値から計算したフィボナッチ・リトレースメントだと、かなり機能してることがわかります。

※偶然だと思いますが最高値をつけたのは2015年の6月。
※6月の最安値が2016年の最安値になれば2016年6月に最安値をつけたことに
※6月の法則というのがあるのか?
※研究します

さてこちらを御覧ください
2016-08-03 12-17-46
※チャートはFXトレード・フィナンシャルのMT4

スポンサーリンク

これは先程書いた2016年6月の安値からフィボナッチ・リトレースメントを引いたドル円の4時間足チャートです。

見てわかるように、61.8%の所で一度サポートされて、それをブレイクアウトしたら一気に下落しています。

尚、7月につけた安値を基準にするとこのようになり、もっとわかりやすくなります。

2016-08-03 12-19-01
※チャートはFXトレード・フィナンシャルのMT4

このように、フィボナッチ・リトレースメントがかなり機能することはわかったかと思います。

フィボナッチ・リトレースメントを使ったブレイクアウト手法

そこでブレイクアウト手法です。

ブレイクアウト手法は通常高値・安値を基準とすることが多いですが、フィボナッチ・リトレースメントを使ったブレイクアウト手法もベーシックな手法として認知されています。

フィボナッチ・リトレースメントを使ったブレイクアウト手法はどうやるのか?というと、基本的には高値・安値のブレイクアウトと同じです。

高値・安値のブレイクアウトは高値・安値に水平線を引いて、それをブレイクしたらエントリーというのが一般的です。保守的に行くのであれば、ブレイクしたあとに、その水平線に近づいてきたらor支えられたらエントリーとなります。

フィボナッチ・リトレースメントの場合、38.2%・50%・61.8%にラインが引かれるので、それをブレイクしたらエントリーという形になります。

ブレイクアウト手法の事例

事例がこちらです。
2016-08-03 12-19-42
※チャートはFXトレード・フィナンシャルのMT4

今回は7月につけた安値を利用したフィボナッチ・リトレースメントになります。

直近のドル円でまさしく機能していますね。

38.2%をブレイクした後に、50%で支えられ反発。その後38.2%のラインに近づくように上昇しますが終値で38.2%を上抜けて終わることができずに50%を基準に下落。

その後61.8%まで下落し、それも一気にブレイク。

ブレクした後にレンジの状態が続き、61.8%の箇所まで上昇しますが、タッチするだけになり、下落し現時点に至るという形です。

フィボナッチ・リトレースメントでストーリーを

フィボナッチ・リトレースメントを利用したブレイクアウト手法ですが、機能することがわかりますね。

フィボナッチ・リトレースメントを利用して損切りの基準を作るトレード手法もありますし、そういったシグナルもあります。

やはりフィボナッチ・リトレースメントは機能するのです。

機能するからこそ、フィボナッチ・リトレースメントを利用したストーリーがイメージできます。

38.2%を下落したら50%か61.8%でサポートされるだろうから、そこをターゲットにしてみようとか、50%まで戻してから逆張り風順張りをしてみよう、とか。

そういったイメージができます。

フィボナッチ・リトレースメントを使ったトレードは地味ですが、結果は派手です。

もし、自分の手法が見つかってないのであれば、使ってみてはいかがでしょうか?

面白いように機能するときがありますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ


FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!

Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ