期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

スパンモデルでポンド円をデイトレしてみた

前にも書いたと思いますが、
これからはスキャルだけでなくデイトレもやっていこうと
思っています。

その要因としては
もっと気軽にエントリーから利食いまでが
できるようなスタイルを持っておきたいなって
思ってるからです。

語弊があるかもしれないけど・・・
もっと楽して稼ぎたいなって(^^;

いや、この表現はおそらく語弊があります。

本心はもっと複雑っていうか・・・
まあそれについては後日書いてみたいと思います^^

で、今日から実践してるのは今週からスタートする
ポンド円のデイトレでスパンモデルを使ったトレードです。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけると喜んであんな事も書きます
⇒ FX スキャルピング派ランキング ←スキャル派1位を目指してます!
⇒ FX人気ブログランキング めざせ50位以内!
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

スパンモデルって、
簡単に言えば、遅行スパンはそのままで
雲がちょっと早いって感じかな。

個人的に適してるのかもしれないと思って
試しています。

で、今日のデイトレがこちら
ポン円
チャート→FXプライム

エントリーの条件としては
遅行スパンがローソク足の上に位置していて
雲が反転した位置でエントリー。

利食いはRSIのダイバージェンスで利食いです。

又、雲からの反転でも押し目狙いのエントリーをします。

で、今日は2回トレードしまして
とりあえず2回とも利益に繋がってます^^

しかし・・・まだスキャルの意識が強くて
エントリーから利食いまでの時間が短いかな(汗

改善していかないとですね。

今週はスパンモデルのみでやってみます。

来週からは、
スパンモデルともう一つの遅行スパンを表示させて、
その比較でエントリーから決済までをしようと思っています

個人的には、このダブル遅行スパンが気になってるんで
来週からが楽しみなんですが♪

この手法は上手く行ったら公開しますね^^

ちなみに、まだ実験段階なので
1000通貨単位で取引できる業者でやってます。

今回のポンド円のデイトレ計画は
FXプライム
のプライムナビゲーターで実行。
詳しくは→FXプライム

スパンモデルがあるし、
一目均衡表とのダブル表示もできるし
1000通貨単位の取引もOKなので^^

もしこれで成績がよければ
MT4のEAか何かでシステム作ってみたいなって
思っていますのでお楽しみに^^

企画倒れになりませんように・・・

あ、もちろんスキャルがメインのトレードスタイルです^^

ヨシ!
かずえモンのデイトレ計画&デイトレ手法をもっと公開してくれ!
と思った方はクリックお願いします^^
FX スキャルピング派ランキング

スポンサーリンク

One Response to “スパンモデルでポンド円をデイトレしてみた”

  1. ブレッソン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    デフォでも使えるのですが、少しパラ変えて誰でも知ってるテクニカルを入れますとレンジでもトレードできます。

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ