期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

GMMAチャートで状況判断

まずは⇒ FX スキャルピング派ランキング  お願いいたします。

ちょっと下落中。。。

さて、GMMAチャート

ご存知ですか?

これは複数のEMAを利用して相場の状況を判断
トレードしていくテクニカルです。

どちらかといえば、手法というよりも
トレードアイデアといったほうがよいかもしれません。

そのGMMAチャートですが、
私は日足と8時間足と4時間足で表示してまして
だいたいの相場の状況を見ております。

結構使えますので紹介します^^


その前に管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング  
⇒ FX人気ブログランキング 
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


まずはこちら
GMMA
チャート→ アイネットFX(【当ブログ限定】一目均衡表の研究プレゼント中)

上記画像がGMMAチャートです。

EMAを合計で12本用意します。

・青 =  3, 5, 8, 10, 12, 15  6本 (短期
・赤 = 30, 35, 40, 45, 50, 60 6本 (長期

となります。

青のEMAの集合体が短期線の集合体
赤のEMAの集合体が長期線の集合体

スポンサーリンク

この2つを比較して使います。

GMMAチャートの本来の使い方は、
ローソク足や平均足などの足は使わないそうです

EMAの集合体のみでトレードするそうです。

ですが、やっぱり値動きがわからないと不安なので
ローソク足くらいは表示しておいたほうが良いと思います^^;

で、具体的な使い方はいくつかあるのですが、
これだけ覚えておけば大丈夫です。

・長期線の集合体がキレイに拡散し平行して推移してるときは
 トレンドが強く、トレンドが発生中
・短期線が拡散しはじめたら短期トレンドの発生
・短期線と長期線の両方の集合体が収束したら
 トレンドの終わり&新しい展開

この3つを覚えておけば大丈夫でしょう。

で、代表的なエントリーのチャンスとしては
両方の集合体が収束してるとき
短期線の拡散が始まったときです。

他ですと、短期線が長期線に近づいた時なのですが
これは判断が難しいので飛ばします。

例えば、こちら
GMMA2
チャート→ アイネットFX(【当ブログ限定】一目均衡表の研究プレゼント中)

エントリーしやすいのは黄色で囲ったところですね。

長期線の集合体が収束していて
短期線が拡散していくとき。

ここがスキャルだと、エントリーしやすいところ

スイングとかだとちょっと早いかもしれません。

スキャルの場合、10pips程度でも問題ないので
長期線の収束からの短期線の拡散でエントリーから
利食いもできますよね^^

で、期待をしてはいけませんが
長期線がその後、拡散していけばトレンド発生なので
そのまま乗って利益を伸ばしてもOK

なるべく1時間以上の時間足でGMMAチャートを表示させて
状況判断をしたほうが良いと思います。

拡散から収束に向かっているときは
なるべくエントリーしない
とか、
そういう風に使ってみてもいいと思います。

そんな感じでGMMAチャートを使ってみてはいかがでしょう^^
役立ちますよ^^

GMMAチャートはEMAを12本表示できる業者ならOK。

アイネットFX(【当ブログ限定】一目均衡表の研究プレゼント中)は
デフォルトで実装してるのでボタン一発でGMMAチャートを表示。

または、MT4で冒頭で書いたEMAのパラメーターを
設定すればOK!

試してみてくださいね^^
【当ブログ限定企画】

私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。
レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^
詳しくはこちら

是非使ってみてください。

スポンサーリンク

7 Responses to “GMMAチャートで状況判断”

  1. Gretchen より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    GMMAチャート はじめて知りました
    今あたらしいテクニカルを導入する余裕がなく
    即導入には至りませんが
    その考えについては理解出来ます

    移動平均線を複数表示して相場の流れを掴む
    さらにはエントリー・エグジットサインとする手法は
    Netで探せば数多く見つけられます
    かずえモンさんの10,20EMA
    パーフェクトオーダーという名称の10,20,50,100,200EMA
    複数ではありませんが
    20EMA , 62EMA , 800SMA と足との相関で観るテクニカル
    そして私が『FX解体新書』からアイデアを戴いた5,13,20,44 EMA

    いずれにしても複数の移動平均線の収縮→拡散は
    どのEMAを何本遣うかの差違はあれ
    概ね誰もが認めるトレンドの初動を掴む手法

    では 収縮←拡散 ではエントリー出来ないのか

    GMMAとは逆に全てのEMAを消し足だけのチャートを観れば
    上昇しやがて下降、元の値に戻っただけの相場
    上昇で買い・下降で売る 結果だけ見れば入れそうな
    もちろん途転の言葉があるように往復で摂るもあり
    ファンダメンタルズ的要素
    指標発表、要人発言、風評などに相場が反応し
    それを吸収するなかでいったんは元値に戻る
    しかしEMAを表示させると印象はかわります
    収縮→拡散  収縮←拡散
    ではEMAはエントリーに邪魔なのか

    収縮→拡散はトレンドを掴めるが
    収縮←拡散は先のトレンドに戻る危険性(可能性)がある
    さらには相場がEMAを気にする場合(サポート&レジスタンス)
    トレンドを示していたEMAにはね返される場もある
    最近になってやっと自分自身に
    収縮←拡散の局面は危険だと説明出来た
    往復摂れる人はもちろんいるでしょうが
    私は 収縮→拡散 5&20,44,62EMAで相場に取り組みます

  2. Gretchen より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    昨夜から今朝にかけ
    ふとした値頃感から自分が創ったルールを守らず
    悪い逆張りに大敗を喫した自分が情けなく
    じゃ GMMAならどおよ ってふて腐れた気持ちで
    12本のEMAを引いてみました

    しばらく綺麗な12本のEMAに見とれていましたが
    これ どおやって取引に結びつけるの?
    さらには やっぱ20EMAが画面にないと不安だし・・・
    で GMMAのノウハウを全く知らぬままにカスタマイズ
    自分の好きな 5EMAを色分け
    45を44EMAに 60を62EMA 
    極めつけは赤と青の狭間に紫の20EMA
    1,5,15,60分足で画面にGMMA
    まだなにをどう活かせばいいか判らぬまま
    短期グループ>長期グループ では売りエントリーしない
    短期グループ<長期グループ では買いエントリーしない
    というフィルタリングで遣うだけでも効果があるか
    各足で赤と青のどちらが上かだけでも相場の汐目を掴めそう

    気迷いを早く払拭し GMMAを上手に活かした取引をしたいです

    GMMAを紹介して下さったかずえモンさんに感謝

  3. Gretchen より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    GMMAを画面に表示し続けるかどうか
    EUR/JPYを見続けました
    私の生き方はシンプル
    GMMAの見方を少しでも理解するため
    チャートをより見やすくしたい

    12本のEMAと表示してなお見やすいチャート
    そのために一つひとつ そのテクニカルの表示する意味を再確認

    そもそも相場は 保ち合い=レンジ or レンジブレイク
    以前 順張りか逆張りか悩んだことがあったけれど
    ここまではレンジ ここからはブレイク
    それがわかれば無意味な逆張りをせず
    わずかずつでも利確を積める
    さらにはブレイクに乗って利確を延ばせる

    結局 有効と思えたのはEnvelopes
    およそここまではレンジと思えるところに1本
    ここから先はレンジブレイクに1本
    その日その時その相場でのその狭間のグレーゾーン
    昔 南の島へ行った時見た珊瑚礁の内と外の海の色のように
    色別(識別?)し相場に臨める

    GMMAはまだトレンドの終始、強弱をアバウトに掴むに過ぎないけれど
    ずっとチャートを見続けることで自分なりにレンジブレイクを見極める術を見つけた気がしました

    さらなる検証を重ねたいと思います

  4. Gretchen より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    チャートにGMMAを貼る
    青ゾーンの収縮から乖離そしてまた収縮
    赤ゾーンも時を同じくまたは時期を変えての収縮から乖離

    FireBrickに彩ったもっとも細目の30,35,40,50EMA
    OrangeRedの44EMAとRedの62EMAは2番目の太さ
    最初は紫色に塗った20EMAもより目立つためにLimeに・・・

    綺麗なんだけど なにをもってエントリーするのかエグジットするのか
    数日悩んだ末に GMMAはチャートにあってはその美しさを感じればいい
    これが44か62の1本だけと比べたら おいそれと値頃感など持てない

    GMMAを貼ったことでよりトレンドを感じるようになった
    様々な時間足に貼ったが 
    長い時間はもちろん 15分足でもGMMAを感じた
    もう十分に赤と青が乖離したと思えた124.945をかりに売りサインと受け取り
    赤と青がなんだかごちゃごちゃしてきた早朝に122.845
    これはもちろん 教科書にのせたいGMMAのデイトレ成功例になった
    Mt4の自動スクロールを解いて飽きるまで過去にさかのぼると
    もちろんレンジゾーンでの僅かな値幅やダマシだってちゃんとある
    けれど1日に1度か2度 あるかないかではあるけれど
    20~50pips 多い時なら昨夜のように15分足で200pipsの動きを掴める可能性だってある

    しかしGMMAにかぎらずテクニカルはテクニカルに徹すること
    ひとたび値頃感やダマシに遭った時の対処を誤ると傷に塩を塗るような結果が待っている
    今日から2画面あるディスプレイの正面を1分足から15分足に置き換えた

    エントリーした時は順張りのつもりがいつのまにか逆張りになってしまった今夕の自分を戒めた

  5. Gretchen より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    GMMAをご教示戴いて 悪戦苦闘したあげく
    GMMAの短期・長期グループそれぞれの収縮→乖離→収縮の
    どのタイミングをエントリーサインと受け取るか
    未熟な私はいまだに掴めません

    ただフィルターとしてのGMMAはその視覚効果から絶大で
    根拠無き値頃感を持たず 大火傷にいたる逆張りが減りました

    たった1日の高値・安値の差999pipsという今の相場にあって
    GMMAフィルターを条件に
    エントリーサインを再検証し あらたに一目均衡表・基準線を加えました

    EMAやEnvelopesの傾きや足との位置により
    1分か5分か15分足 いずれをメイン画面にするか
    その時の相場の動きにより選択する

    3,5,8,10,12,15EMA > 30,35,40,44,50,62EMA = 買い
    5 > 20EMA & 一目均衡表・基準線 の Gクロス

    3,5,8,10,12,15EMA < 30,35,40,44,50,62EMA = 売り
    5 < 20EMA & 一目均衡表・基準線 の Dクロス

    相場は生き物さらに臆病な私は
    エントリーを躊躇ったり利確を急ぎすぎ僅かな利益しか得られていませんが
    5pips未満のスキャルもあれば
    信じられないほどの値幅のレンジブレイクも同じサインで得られました
    鯔待ち櫓登った漁師さんの気分で今日も相場を眺めています

    GMMAのみならず一目均衡表の知識も

    このかずえモンさんのブログを参考にさせて戴きました 感謝

  6. Gretchen より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    エントリーサインに一目均衡表・基準線を加えたことで
    あらためて一目均衡表のお復習いをしました
    画面がごちゃごちゃするので気がすすまないながらも
    一目均衡表の雲も表示することにしました
    市場から得られる値を元に計算し描かれることで
    不思議でもなんでもないこと とは思うのですが
    気がついた時は「えっつ!?」と声に出したほど

    GMMAの3,5,8,10,12,15EMA > 30,35,40,44,50,62EMAの時は
    一目均衡表の雲の上にいる状態で
    GMMAの3,5,8,10,12,15EMA < 30,35,40,44,50,62EMAの時は
    一目均衡表の雲の下
    GMMAの短期グループと長期グループが入れ替わる場合は
    時を前後して一目均衡表の雲を上抜け・下抜けします

    では同じような指針ならどちらか一つでもいいのでは
    と思いましたが
    併せて表示したことでの気づきもありました

    雲を上抜け・下抜けしたのにGMMAの色位置が変わってない時は
    これからGMMAの短期グループと長期グループが入れ替わるか
    雲に弾かれて〔雲がサポート&レジスタンスとなって〕
    元の雲の状態に戻ろうとする動きとなる

    相場が厚い雲の中を進んでいく時は
    GMMAの短期グループと長期グループが小刻みに入れ替わることが多く
    私自身はポジションを持たないように努めようと思います
    いずれにしろ26本先に描かれる
    雲の状態と相場との位置を知っていて損はありません

    洋の東西 生まれた時期もアプローチの仕方も違いながら

    GMMAと一目均衡表の開発者に敬意を覚えました

  7. かずエモン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつも興味深いコメントありがとうございます^^

    今回の件ですが、私も同感です。

    GMMAと一目均衡表はすごいと思います。

    最終的に一目均衡表があればテクニカルはいらないという
    判断をしてる凄腕トレーダーが多いのも納得できますね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ


FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!

Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ