期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

平均足をチャートに表示して押し目・戻り目を狙う方法

さてさて、先日平均足の面白い使い方があるので紹介しますといった件を書いておきます。

この使い方は私の友人のトレーダーから聞いた話です。

その友人のメインの手法はこれ⇒平均足と20EMAを使ったトレード手法

すご~くシンプルな手法でして、損切りも多いしエントリーそれ自体も多いのですが取れるときはがっつり取れる方法だそうです。ちなみに彼は現在ポンド円がメインだそうです。

その彼から教えてもらった平均足の使った押し目買い・戻り目売りのエントリー方法を今回はシェアしますね。

その前に管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪

⇒ FX スキャルピング派ランキング  順位ちょっと下落中
⇒ FX人気ブログランキング  5位と6位の間ってランキングじゃないんですね
いつも応援ありがとうございますm(_ _)m本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!

まず、平均足ですが色々な使い方があると思います。
ちなみに、平均足の色々な使い方はここで公開されてますね

にほんブログ村 トラコミュ コマ足で稼ぐ方法、大公開☆へ コマ足で稼ぐ方法、大公開☆

平均足はトレンドがわかりやすいので順張りでシンプルな手法にしたいという方にはもってこいだと思います。私も平均足はローソク足と平行して表示しています。

さて、その友人から教わった平均足を使った押し目・戻り目からのエントリー方法を紹介しますね。

基本的な考え方は難しくないです。

まずは、同じ時間足で平均足のチャートとローソク足のチャートを表示します。

平均足ローソク足
チャート⇒FXTS(当ブログ限定レポートプレゼント中・詳しくはこちら)

右のチャートがローソク足で、左が平均足です。

スポンサーリンク

でですね、黄色で囲った場所からのエントリーを考えているとします。
平均足ローソク足2
チャート⇒FXTS(当ブログ限定レポートプレゼント中・詳しくはこちら)

この場合、ローソク足だと陰線と陽線が入り混じっているのでどこでエントリーしたらよいのかがハッキリしません。

そこで、平均足と比較します。

平均足はFXブロードネットクリック証券で表示することが可能です。

平均足チャートの黄色で囲ったところの平均足を注視してもらうと、十字線が出てることがわかると思います。

十字線
チャート⇒FXTS(当ブログ限定レポートプレゼント中・詳しくはこちら)

この十字線が出たら戻り売りの準備をします。

次に、十字線の次の平均足を注意深く観察しましょう。

十字線の次の平均足が、売りの場合、陰線で確定したときにエントリーします

そうなんです。

この戻り売りの方法として、十字線が出て、その次の足が陰線で確定したときに、エントリーするのだそうです。

思ったよりシンプルですよね(汗

押し目買いのときは、これの逆。つまり、十字線が出て、その次の足が陽線で確定したときに買いをいれるとのことです。

でですね、この押し目買いと戻り売りの重要な点はローソク足との比較だそうです。

押し目・戻り目からのエントリーを考えるときに、平均足だけを見ているとその戻り・押しの状況が明確にならないとのことで、その戻り・押しの状況を把握するためにローソク足との比較をするそうです。

又、もしこの押し目買い・戻り売りをする場合、20EMA辺りにひきつけてきたときが一番効果的だとか

20EMAとの乖離が大きいところで、この方法をやると薄利か損切りになるケースが多いとか。

なので、なるべく20EMAにひきつけてきたときがチャンスとのことです。

なんだかシンプルすぎるので拍子抜けしてしまいますが、やっぱりこのくらいシンプルでもいいのかもしれませんね。

ちなみに、彼は色々研究するのが苦手なようでして、テクニカルをあまり使ってないようです。

彼いわく「テクニカルを勉強できるような性格じゃないからテクニカルの使い方がよくわからない。だからとにかくシンプルにトレードする。そのかわり、あまり勉強しないのだから損切りは躊躇しない。勉強しないのだから、損切りの回数が多いのは仕方ない」といって割り切ってるようです。

なので、コツコツ損切りして大きく儲けるといったカタチになってるようです。

勝率でいうと、10回トレードしたら7回は損切り、3回で利益を出し、そのトータルで利益を出しているといってます。

でですね、この十字線を使った1分足スキャルがあるので、それも次回紹介しますね。

FXブロードネットとコラボ!当ブログ限定レポートプレゼント中・詳しくはこちら

【追伸】

ちなみに、「損切りのトレードの回数を減らしたい。だからその辺りのトレードの研究とテクニカルは任せる。得意でしょ?」、と言われてます(笑)

ある意味使われてます、わたくし(笑)

まあ、こうやって情報をシェアできるので良いのですけどね^^

スポンサーリンク

2 Responses to “平均足をチャートに表示して押し目・戻り目を狙う方法”

  1. まる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
     見てます、
     戻り売りの場合、僕は、少しでも約定価が有利なように、十字線の次の陽線で入るのですが、やはり
    確認の意味でも、陰線で入った方がいいのでしょうか??

  2. かずエモン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まる様

    コメントありがとうございます^^

    >  見てます、

    ありがとうございます^^

    >  戻り売りの場合、僕は、少しでも約定価が有利なように、十字線の次の陽線で入るのですが、やはり
    > 確認の意味でも、陰線で入った方がいいのでしょうか??

    そうですね。私の友人が言うには、十字線が出てからトレンド方向の足が出てからエントリーしたほうが確実だとのことです。

    やはり有利になるように、戻り売りの場合、十字線の後が陽線でも入っても良いかもしれませんが、彼は他のテクニカルをほとんど使わないので、十字線の後の足がトレンド方向になったのを確認してからエントリーしてるそうです。

    私も平均足はローソク足と併用していますが、十字線の後の足が陰線か陽線かの確認は必要かと思っています。

    どうしても乗り遅れたくないと思い、十字線が出てすぐにエントリーしたくなりますが、その辺りは我慢と確認が必要なのかなと考えています。

    ちなみに、レンジ相場用の1分足を使ったスキャル方法を公開する予定ですが、その方法だと今回紹介した方法とはちょっと違った感じになります。

    もしかしたら、まるさんにはそちらのほうが参考になるかもしれません^^

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ


FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!

ビットコインならJ-BITS

200x200
ビットコインならJBITSがオススメです。先駆者利益を出すには、今すぐ取り組むべき。私も取り組んでいます。

Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ